Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

フランスの味を日本でもーー2017おすすめガレットデロワ3選

14世紀頃から続くフランスの伝統菓子「galette des rois」(ガレット デ ロワ)。1月6日(公現祭)に家族で切り分け、中に入っている小さい陶器の人形「フェーヴ」が当たった人が王様、王女様!王冠をかぶってその場の皆から祝福を受け、幸運が1年間続きますよ、という「縁起ものスイーツ」です。

日本でも洋菓子店や仏系パティスリーでだいぶ浸透してきた感があります。三が日、あるいは成人の日など、家族や友人と集まる際の差し入れやお年賀にもぴったり。

お店によって、中のアーモンドクリームやパイ生地の風味、表面のクープと呼ばれるひだに特徴があります。

パリの今年の様子はいつものように明日のフィガロ紙の「今年のガレットデロワ番付」特集を待ってお届けします!今日は、日本で販売中の、本場さながらのガレットデロワから、幾つかご紹介させて下さい。お気に入りのガレットがお買い求めになれますように。

1)まずは東京で人気の「ジョエル・ロブション」

f:id:kotorio:20161231045316p:plain

 2017年 ガレット デ ロワのご案内 » Joel Robuchon

小サイズには通常のフェーヴが、大サイズには「ガストロノミー ジョエル・ロブション」の肉料理をモチーフにしたオリジナルフェーブと王冠付き。ジョエルさんちの「ガレットデロワは、粒のアーモンドが入っていて、フェーヴは別添えで。

2)エシレ バターたっぷりの「 エシレ」

f:id:kotorio:20161231050117p:plain 

インフォメーション - エシレ・メゾン デュ ブール

エシレさんちのバターをふんだんに使ったパイ生地で焼き上げられた贅沢なガレット・デ・ロワ。「アンヴェルセ」というバターに生地を折り込む製法で作られており、高品質のバターがひときわ引き立ちます。こだわりのフェーヴは可愛い牛さん。あれ?トリさんじゃないのーー日本のデロワ、その年の干支が入っていたら楽しいのになぁ。

3)文句無しの大御所「ピエール・エルメ・パリ」

Galette des Rois 2017 | The Journal | ピエール・エルメ・パリ -PIERRE HERMÉ PARIS-

f:id:kotorio:20161231050919p:plainf:id:kotorio:20161231050939p:plain

エルメさんちのガレット・デ・ロワは、バター生地で小麦粉生地を包み折り込んでいく「逆折り込みパイ」製法。ローズ、ライチ、フランボワーズの3つのハーモニーが絶妙に折り重なった「イスパハン」は逸品。ディテールまでこだわった美しいフェーヴは、ニコラ・ビュフの手がける限定品。展開中のアート「太陽と月の王国のものがたり」に登場するキャラクターがモチーフとなっているそう。

《今日のひとこと》エルメさんちのフェーブルはなんと本物のセーヴル焼。18世紀、ルイ15世やポンパードール夫人の後ろ盾で最盛期を迎えたフランスを代表する高級磁器で、ロココ様式による華やかな装飾が特徴です。素焼き伝統技法のフェーヴ、集めてみたいですね。

お正月企画第2弾・デュバリー夫人のフォアグラ

f:id:kotorio:20161227110002p:plain

フランスのノエル及び新年必須アイテムといえばフォアグラ(Foie gras)。

キャビア、トリュフに並ぶ世界三大珍味ですが、チョウザメの卵キャビア、キノコのトリュフと違って、フォアグラは人の手が加わってはじめて生み出されます。仏語でフォア(foie)=肝臓、グラ(gras)=脂身、の意。ガチョウやカモに餌を与え、脂肪たっぷりのジューシー肝臓を人工的に創出します。

パリのマドレーヌ広場にあるその名もデュバリー夫人=「コンテス・デュ・バリー」は高級食材を扱う専門店です。フォワグラ、パテの種類の多さ、上質なギフトセットで、この時期パリセレブ御用達の一軒。

ミディ=ピレネー地域圏ジェール県(Gers)など国内南西部で飼育された一級品を使用。店員さんが目の前で美しいクリーム色のジューシー肝臓を厚切りにしてくれます。

贅沢な一品、黒トリュフののったフォアグラ!

f:id:kotorio:20161227110442p:plain  f:id:kotorio:20161227111423p:plain

食べ方はいたってシンプル。バゲットに乗せるだけで、フォアグラの濃厚な甘さ、香りがぐんと引き立ちます。お好みの白ワイン、シャンパンととともに。

f:id:kotorio:20161227110648p:plainf:id:kotorio:20161227111752p:plain

瓶や缶詰などお土産用セットも、おしゃれなパッケージかつ良心的価格。

f:id:kotorio:20161227105532p:plain 現在、倫理上の観点からフォアグラの生産・販売を見合わせる国が多く、欧州ではフランス一国となっているのが実情。少々複雑ですね。

f:id:kotorio:20161227105323p:plain

公式サイト L'Univers Comtesse du Barry : Vente de Produits du Terroir Français

Comtesse du Barry 
13 bd.Haussmann 75009 Paris tel:01.47.70.21.01 ほか市内10店舗

www.youtube.com

《今日のひとこと》デュバリー夫人ときいて「あの方」を思い出されたあなた!

f:id:kotorio:20161229032054p:plainf:id:kotorio:20161229032247p:plain陽は昇り、陽は沈むーー馬車での去り際に流れるバックミュージック「優しさの贈り物」は珠宝の名曲でございました。

kotorio.hatenablog.com

Bonne année2017!フランス最高級・最古のキャビア専門店「ペトロシアン」

f:id:kotorio:20161227042711p:plain

新年明けましておめでとうございます。昨年は沢山の方々にご覧いただき、心より御礼申し上げます。皆様の一年が素晴らしいものとなりますように。2017年もフィガロ紙から気になる特集を訳し、パリの素敵なもの、隠れた逸品をお伝えしていきます。引き続き、宜しくお願い致します。

ーーーーパリには「すべて」がある・・・最低のものから最高のものまで。

「Nouvel an(新年)を祝うにふさわしきフランスの至宝」、グルマン(美食家)に贈る年頭特集「フランスが誇る最高級」。新年スペシャル企画として、3回シリーズにわたってお届けしたいと思います。

第1回は、1920年創業、フランスはもとより世界最高級・最古のキャビア専門店「PETROSSIAN(ペトロシアン)」さんからスタート。

パリ左岸7区の閑静な住宅街にブティックを構えています。黒真珠と見紛うような宝石ばりのキャビア、ソーモン・フュメ(スモーク・サーモン)をはじめロシアの高級食材が手に入りますーーーが。

f:id:kotorio:20161227042606p:plain最上級キャビア「インペリアル・ベルーガ」は30g❌❌万円!? それもそのはず、顧客は世界の大統領から王族の皆様。先日も某アラブ諸国の王様が1000万円のキャビアをお買い求めになったとか…。

f:id:kotorio:20161227055252p:plain

時は1900年旧ソビエト下のアルメニア。2人の兄弟がロシア産最高キャビアに魂を奪われました。1920年パリにキャビアを専門店を設立。瞬く間に世界の王室、王族の御用達となります。以来、ペトロシアン一族は世界最高級のキャビアの産地、カスピ海の漁業王座に君臨し、事実上、キャビア市場独占中。

たくさんの種類がありどれを選べばいいの?7区の本店を訪ねてみると、英仏語のカタログを頂くことができました。

旧ロシア皇帝と皇后にちなんで名付けられたキャビアは「イヴァン雷帝 Ivan the Terrible」「皇帝キャビア Tzar Imperial」「女帝エカテリーナ2世 Catherine the Great」「皇帝アレクサンドル Alexander the Great」など、華やかすぎてくらくらしそう。とても手が届かないーーーいえいえ、こちらをご覧ください!

*キャビア以外の注目商品*

《 La Fleur de caviar フルール・ド・キャビア、ミル付 》

f:id:kotorio:20161227053447p:plainf:id:kotorio:20161227054007p:plain

黒コショウのミル?いいえ、中身はなんと乾燥キャビア。「キャビアの魅力をより気軽に楽しんで」と開発された、世界初の特許品。 もちろん天然キャビア100%です。特殊技術で風味を損なわずに乾燥させ詰めたものを、コショウのように挽いて使います。リゾット、パスタ、魚や卵料理などに振りかけるだけでキャビアの旨味と塩味が際立ち、どんな料理も5つ星レストラン風に変身してしまう魔法の粉!

ソーモン・フュメ

f:id:kotorio:20161227052923p:plainf:id:kotorio:20161227053006p:plain

世界一のキャビアを手中に収めたペトロシアンが次なる的を定めたのが、ロシア産サーモン。最高級のソーモン・フュメは店員さんが目の前で塊から切り分けてくれます。

パリでは、17区など市内5箇所にブティック&レストランがあります。ギャラリー・ラファイエットやシャンゼリゼ通りの「Drugstore Publicis」でも購入可。

f:id:kotorio:20161227045814p:plain Caviar Petrossian, le site officiel : info et vente en ligne de caviar

18 Bd de Latour-Maubourg, 75007 Paris Tel : +33 (0)1 44 11 32 22 

《今日のひとこと》

f:id:kotorio:20161227060720j:plain 珍味は珍味を呼ぶーー「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」が、このキャビアを使った新チョコ「キャビア&ウォッカ」を限定販売。チョコとキャビアのコラボに、ゴディバチョコ書記長も驚く。

la nouvelle année à Paris 2017

f:id:kotorio:20161230194813p:plain

日本では、クリスマスは恋人や友人と、お正月は家族でのんびりが一般的な過ごし方ですよね。フランスは真逆。ノエルは家族・親戚一同が集まって夕食をともにし、深夜になるとノエルのミサにいそいそとお出かけします。地方からパリに出て住んでいる人も、この日ばかりはプレゼントを抱えて帰郷し、実家で過ごすのが常です。だから24日に向けて帰省ラッシュ〜!

Réveillon(レベイヨン)と呼ばれる大晦日から新年にかけては恋人、友人たちとワイワイ騒ぎながら街へ繰り出し、朝まで騒ぐのが恒例です。紅白も除夜の鐘もありません。パリではメトロ、バスなどすべての公共交通機関が無料で終日運転されます。

パリ市の公式サイトより。私のような迷える子羊に、ご丁寧にレベイヨン、元日の過ごし方案内があります。ありがとう、アンヌ・イダルゴ市長。

Suivez le réveillon du 31 décembre sur les Champs-Elysées – Paris.fr

サイトによると31日23時半、とりあえずChamps-Élysées(シャンゼリゼ)大通りに行け、との思し召し。凱旋門前では、約60万人が繰り出す大掛かりなショーが繰り広げられます。特に今年は「2024年パリオリンピック誘致に向けて」がテーマとなり一層派手に催されるようです。

元旦はコンコルド広場から14時にパレードが開始。なおこれらの模様は、ラジオ、テレビでも中継されます。最後にーー

《2017年フランスの祝祭日一覧》 パリに訪れた際は是非kotorioにお声がけ下さい。

 1月 1日 (日) 元旦 Jour de l’An
 4月17日(月) 復活祭 翌日の月曜日 Lundi de Pâques*
 5月 1日 (月) メーデー Fête du Travail
 5月 8日 (月) 第2次大戦戦勝記念日 Victoire 1945
 5月25日(木) キリスト昇天祭 Ascension*
 6月 5日 (月) 聖霊降臨祭 翌日の月曜日 Lundi de Pentecôte*
 7月14日(金) 革命記念日 Fête Nationale
 8月15日(火) 聖母被昇天祭 Assomption                                                                       11月 1日(水) 諸聖人の祝日 Toussaint                                                                           11月11日(土) 第1次大戦休戦記念日 Armistice 1918                                                    12月25日(月) クリスマス キリスト降誕祭 Jour de Noël

*移動祝祭日(年により日にちが変わる祭日です)

昨年のカウントダウンの様子です。パリ市の公式サイトより。

dai.ly

《今日のひとこと》無料は公共交通機関のみならず。1月1日になった瞬間、フランスでは誰彼構わず「Bonne Année ボナネ~! (新年おめでとう)」と言いながら、ほっぺたをふれあってチュッチュ、と二回ビズ(キス)をします。元旦夕方以降は片頬1.90ユーロ、往復3.8ユーロが必要。

オーガニックスーパー「Bio c’Bon」日本上陸

f:id:kotorio:20161223012734p:plain

欧州のオーガニック製品を主に取り扱うフランスの大手スーパー「Bio c’Bon(ビオ・セボンと読みます)」が12月上旬、日本に上陸したようですね。先月末の冷凍食品「ピカール」に続き、2017年はフランス輸入品が日本の食卓を変えるかもしれません。

「ビオ」はフランス語で「オーガニック」=有機です。鮮度や生産工程に厳しい規定があり、それを満たした製品には下記のラベルが認証されます。この緑色マーク、皆さんも既にどこかで見たことがありますよね。

《2種類のビオラベル》

f:id:kotorio:20161223011540p:plain 左がフランス国内の「ABラベル」、右がヨーロッパ共通ラベルで、EU内でパッケージされたものが対象。

「ビオ・セボン」は2008年に創業したフランスの企業。欧州内100店舗を展開し、日本ではイオンとの合弁会社の形で、第1号店として麻布十番に店舗を構えーーーって「ピカール」の下(1階)じゃないですか!

f:id:kotorio:20161223013419p:plainパリ市内のビオ・セボン。緑の看板が目印。

日本店舗は皆さまからのご報告を楽しみにお待ちすることにして、パリでのお店の様子をお伝えしますね!たいていメインはカラフルな野菜エリア。「意識高い系」パリジャンのためか、売り場のディスプレイもシンプルかつすっきりと統一されている気がします。「バルク」と呼ばれるナッツやシリアル、ドライフルーツなどの量り売りコーナーは充実の一言。

野菜、果物のみならず「ビオ」は加工品も対象で、缶詰やレトルト食品、紅茶・コーヒー、石鹸から化粧品も。ワイン、チーズ、お菓子、調味料、今をときめく「グルテンフリー」商品など。「カフェ・ミシェル」社はフランスのジロンド県で焙煎したビオ珈琲、フェアトレ―ドのパイオニア的存在。ビオで有名なチョコメーカー「ボヴェッティ」社の板チョコはぜひお試しを!

f:id:kotorio:20161223021234p:plain  

パリでは6区のラスパイユなど「ビオマルシェ」が盛ん。ナチュラルな感覚で「体にも環境にも優しい」ことが、パリジャンの日常に広がっているように思います。

日本の店舗には、イートインコーナーも併設されているそうです。本国フランスを超えて、日本のビオ製品を使用したレシピや、新たな展開が楽しみですね。

《Bio c’Bon ビオ・セボン》フランスのサイト

Bio c’ Bon votre supermarché pour un quotidien bio enfin accessible |

《Naturalia  ナチュラリア》もう一店、ビオの老舗をご紹介。こちらは赤い看板がトレードマークのナチュラリア。1973年より。化粧品などが充実しています。

Naturalia, magasin bio et nature, produits biologiques

《今日のひとこと》ロワール地方にあるビオカフェで見つけたビオのハーブティー。f:id:kotorio:20161223020549p:plain お土産に可愛い缶ですね。次回「あの」フランスのオーガニックティーをご紹介致します。お楽しみに!

「パリ栗」第3弾!マロングラッセ発祥の老舗「BOISSIER ボワシエ」

f:id:kotorio:20161226060539p:plain

パリ高級住宅街16区のその名もヴィクトル・ユゴー通りAvenue Victor Hugoの超有名店「Boissierボワシエ」さん。1827年初代ペリセール・ボワシエ氏が創業した老舗です。 パリジャン曰くマロングラッセなら「ボワシエ」でしょ!と即答されるほどの絶対的王者。なぜならば、マロングラッセはこのお店が発祥といわれているんですね。

フランス語で栗は「châtaignierシャテーニュ」といいます。サイトによると、ボワシエさんではトリノ産の高級大粒マロンのみを選び抜き、さらにその後、12の細かい工程を経てつくられる、まさに職人芸。 特筆すべきは、洋酒を使っていないために栗本来の味を保ちホクホク〜な食感が楽しめること。

f:id:kotorio:20161226061305p:plain コーヒーやティーと合わせながら贅沢なひとときのお供に。濃いめの玉露など、日本茶との相性も良さそう! 

他にもいろんなバリエーションがあり、目玉商品の「ナチュラル」の他にも、もちろんコニャックやラム酒を使ったものや、チョコレートコーティングしたものまであるんです。

歴史ある名店の味、ぜひ年末年始のご家族の集まりに。以前は日本でも大丸に店舗があったのですが、いつの間にか撤退してしまったようです。

f:id:kotorio:20161226063341p:plainf:id:kotorio:20161226065059p:plain

パリ店は、入り口すぐがブティックになっておりチョコ、ケーキ、コンフィズリーなどが可愛らしいパッケージで上品にディスプレイされています。奥がサロン・ド・テになっていて、同店オリジナル紅茶が楽しめます。16区らしい洗練されたインテリアの中で優雅な気分に浸りたい時の隠れ家。

モチーフであるターコイズブルーのボックスやショッピングバッグも素敵。

f:id:kotorio:20161226060832p:plainMaison Boissier - Maison fondée en 1827 - Paris

184 Avenue Victor Hugo 75116 Paris メトロ : 9番線 Rue de la Pompe

Tel : 01 45 03 50 77 営業時間10:00~19 :00  日曜定休

以上、3夜連続でお届けした「パリ栗」シリーズは終了です。年明け、豪華特別企画が登場します!お楽しみに。

kotorio.hatenablog.com

kotorio.hatenablog.com

《今日のひとこと》マロングラッセって、要するに栗きんとんの西洋版ですよね。毎年秋には岐阜の「川上屋」vs「すや」さんで迷うところですが、個人的には後者が連勝気味。秋の夜長と読書のお供に。栗きんとん本家[すや] ウイスキーに合うんですよ、これが!目上の方への贈り物にもexcellent !

あら?メール・ド・ファミーユを忘れていない?

f:id:kotorio:20161225045700j:plain

1761年創業、パリ最古のお菓子屋さん「À la mère de famille(ア・ラ・メール・ド・ファミーユ)」さん。もと食料品店で1800年代初めに自家製の砂糖菓子コンフィズリーを販売、のちショコラトリーへ。深緑色の店構えは、いかにも「昔ながらのパティスリー」といった重々しい雰囲気で、店内は伝統砂糖菓子のパラダイスです。

f:id:kotorio:20161225044111p:plain 250年以上の歴史がある同店、2009年に「クープ・ド・フランス」でショコラティエのトップに上り詰めた若いJulien Merceronさんがシェフに就任。伝統菓子を守りつつ、特に3月のパックス(復活祭)に向けて新しいチョコ作品を導入、老舗に新旋風を吹き込みました。

f:id:kotorio:20161225044550p:plain 先日の記事、ノエルの贈り物・サバトン社の「栗」つながりで思い出しました!ここのマロングラッセは、なんとフィガロ紙の「マロングラッセ番付」でナンバーワンに輝いた、知る人ぞ知る「隠れ実力派」。

トリノ産の柔らか〜な栗はお口に運ぶまでにほろほろ崩れるそう。しかも「今年の採れたての」ものしか使用しないという贅沢なこだわりよう。もちろん冬季限定です。慌てて公式サイトを覗いてみたら・・・ゴールドのノエル限定ボックス。地味〜にやってくれていました、ア・ラ・メール・ド・ファミーユさん!

パリ6区など市内10店舗を構えています。オレンジの手提げ袋のイラストも温かみがあって可愛らしい。

70, Rue Bonaparte 75006 Paris
Tél: 01 46 34 45 05 月〜土 10:00 - 20:00 日曜定休

À la Mère de Famille 公式サイトはさらさら雪が舞っていますよ〜

《今日のひとこと》大きくつややかな栗にビックリ。他にもフランスにはマロングラッセ発祥といわれる「あの」名店があるんですよ!!栗のアイス栗ームもいいですよね。乞うご期待。