読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

ダマンさんちでフランス紅茶を「DAMMANN FRÈRES (ダマン・フレール)」

f:id:kotorio:20161230141721p:plain

かつて「王の広場」と言われたヴォージュ広場。ヴィクトール・ユゴー記念館や画廊が並び、回廊にはレストランやカフェのテラスがひしめく、パリの中でも特別優雅な一角です。その中でひときわ目を引くシックな紅茶専門ブティックが「DAMMANN FRÈRES (ダマン・フレール)」。

1692年、ルイ14世により、フランス国内での紅茶の独占権を許可されたことから始まった。現在では、フランスの星付きレストラン、パラスホテルも御用達の伝統ある高級紅茶ブランドとして知られています。

店内は、黒を基調とした落ち着いたちょっとスノッブな雰囲気。紅茶がかつては贅沢な飲み物だったことを彷彿とさせます。

f:id:kotorio:20161230141826p:plain

世界中から厳選した最高品質の茶葉を使用し、200種類以上の独創的なブランドがあります。アールグレイ系の「グー・ルース」、ベリー系フレーバーの「レッド・フルーツ」などが定番。酸化発酵させていない高価なThé blanc(白茶)、パッション・ドゥ・フルール(花の情熱)やグレート・アールグレイ。

ダマンの調合士のご自慢であるThé noir parfumé(香りつき紅茶)は50種以上で、ポム・ダムール、シャルロット・オ・ショコラ、ロシア風アールグレイ、イースター・ティ、ガリゲット苺、ブラッドオレンジ、パリやロンドン、ロシアといった街をイメージしたシリーズも。ネーミングも素敵。

f:id:kotorio:20161230143225p:plain

近年はBIO&健康ブームの影響で、緑茶やハーブティーが人気とか。おすすめはストレートのルイボスティー。ルイボスそのままの味を楽しみたい方に。アンチエイジングに最適なルイボスティーは、美容の最大の敵、活性酸素を抑え細胞の新陳代謝を促進してくれる効果があるそう。カフェインフリーなので、昼夜問わず、妊婦さんにも安心のハーブティーです。

f:id:kotorio:20161230142052p:plain

香りのテスターが置かれ、自由に嗅ぐことができます。一流店にも関わらず“ご自由にいかが”モード。重々しい雰囲気に負けず、堂々試すことができます。

テスターには種類、番号が表示され、缶入りの定番商品以外は、番号やネームで茶葉を注文します。ダマン・フレール特有の四角い缶には番号とネームが書かれていて、注文すると、店員さんが茶葉を量って袋または缶に詰め替えてくれます。缶希望の場合は、別途缶代5.50€。お茶の缶が天井まで整然並ぶ店内、いつ訪れても洗練された気持ちよい空間です。茶葉はもちろん、ティーポット、パリジャンにブームの「鉄瓶」も!あらゆる道具が揃っていてプレゼントにも最適。一度お店に入ったら時間を忘れて出られなくなりそう。

f:id:kotorio:20161230143309p:plainDAMMANN Frères DAMMANN FRERES ダマン・フレール

15 Place des Vosges, 75004 Paris TEL :01 44 54 04 88 11h-19h無休

《今日のひとこと》日本での知名度なら「マリアージュ・フレール」ですが、歴史としてはダマン・フレールのほうが古い。「フレール」はフランス語で「兄弟」の意味。ちなみにダマンさんちの兄弟は、ロベールさんとピエールさんです。

紅茶と兄弟創業は何か関係があるのでしょうか…。MBA持ってた?姉妹じゃダメなのかなぁ。

フランスの美しき天然ハチミツ『エデーヌ・パリ』

f:id:kotorio:20161230050742p:plain

日増しに春めいてきましたね。季節の変わり目は喉や気管支系に悩まされてーーという方も多いのでは。お薬に頼る前の心強い友がハチミツ。そのまま舐めても、また、紅茶に入れても優しい味わいになりますね。心身とも、春をリラックスしてみませんか。

今週はフランス国産・天然ハチミツの新ブランドHédène (エデーヌ)社をご紹介します。

ブランドを立ち上げたのは30代でパリ出身のCyril Marx(シリル・マルクス)さんとAlexis Ratouis(アレクシー・ラトゥイ)さんの若いお二人。パリ・ドフィネ大学卒業後、さらに専門の養蜂学校に進み、ディプロマを取得するほど。

f:id:kotorio:20161230051756p:plain

同社と契約しているのは昔ながらの伝統的な手法を守るフランス国内養蜂場のみ。彼ら自身が実際に養蜂場に赴き「本物の味」を厳選することに情熱を注いでいます。

f:id:kotorio:20161230053303p:plain

商品はさまざまな色と香りがありますが、どれもフランスの地方で採取された「モノフローラル」(1種類の花にこだわった)ハチミツです。

ブルゴーニュ地方のアカシア、タルン県の栗、プロヴァンスのラベンダー、ラングドック・ルシヨン地方のローズマリー、ジュラ地方のモミの木、ピカルディー地方の菩提樹など。各地方の味わいを発見する旅のような楽しみもありますよね。

商品は一切加熱処理をしていないとのこと。通常、ハチミツは瓶詰めする際に熱を加え、柔らかくすることが多いそうですが、それによって色や味が変化したり、栄養分が逃げてしまうのは避けられません。

その点、非加熱であるエディーヌのハチミツは、花の味わいが色濃く反映され、甘みとまろやかさを保っています。朝食、ブランチ、そしてティータイムに。スプーン一杯の魔法を加えるだけで、グレードアップ♪

フランス国旗のマークが入ったガラス容器もエレガントな大人の雰囲気ですよね。集めて並べておきたい、センスの良さの感じられる一品。

f:id:kotorio:20161230053202p:plainHédène 86 rue de l’Université 75007 Paris

Hédène - Le plaisir unique d'un miel raffiné à la française 日本未上陸です!

《今日のひとこと》Hédène エデーヌとは、聖書の「Éden エデンの園」と「Hédonisme 快楽主義」を合わせた造語だそう。「禁断の果実味」「失楽の園味」なんてハチミツはないのかな(どんな味だ?)

フランス北部リール「Meert 」のやみつきふわふわッフル

f:id:kotorio:20161229080755p:plain

創業1761年、フランス北部リールに本店を構えるワッフル専門店「Meert」メール。

伝統ある店舗は、歴史的建造物に指定されています。もともとは、コンフィズリー・ショコラティエとして、リール社交界で人気だったお店。1849年、ベルギーのレオポルド1世の御用商人メール氏が引き継ぎ、看板商品となるバニラ風味のクリームを詰めたゴーフルが誕生、今に至ります。

f:id:kotorio:20161230042408p:plain この由緒あるMeertのパリ店が2010年、北マレにオープンして7年。本店同様、伝統を重んじるエレガントかつ落ち着いた雰囲気です。

日本で想像する固くパリパリした歯ごたえのゴーフル(ワッフル)を想像したら大違い。パリジャンもリピート必至の柔らか〜な「ふわふわっふる」なんです!

f:id:kotorio:20161230043049p:plain

14×6cm、丸みのある長方形のワッフルは、しっとり&もっちり。見たことない!

それもそのはず、ゴーフルは完全に一枚一枚手作り。Meertの名が刻まれた二枚の鉄板に生地を流し込み、丁寧に焼き上げます。真ん中がふっくらと膨らんできたら、中にクリームを挟みます。

f:id:kotorio:20161229080925p:plain f:id:kotorio:20161230043235p:plain

定番のバニラ味は、薄くて柔らかい生地の間に甘くてとろけるようなクリーム。ビーンズの香り、お砂糖のシャリっとした食感がクセになります。ほかにもピスタチオ、チョコなど。季節の限定品も外せません。スペキュロスはシナモンが主役のちょっとスパイシーな大人の味。

日曜日もオープンしているマレ地区で、お土産用に買っても、ウインドーショッピングをしながら、おうちに着くまでもなくなってしまいそう!

春先、出会いと別れの季節ーーふわふわスイートな想い出をいっぱいに詰めて、お世話になった方への差し上げものにもいいかも知れませんね。さくらフレーバーの美味しい紅茶のおともにも。

Meert Méert : la véritable Gaufre de Lille - Méert

16 rue Elzévir 75003 Paris  01 49 96 56 90
11:00~19:00(水・土)12:00~19:00(日)月曜定休
♪パリらしいアコーディオンの音楽とともに2分半、店内散歩の旅へどうぞ。

www.youtube.com

《今日のひとこと》動画の男性店員さん、déjà vu(デジャヴ)感があるのは私だけでしょうか?中学時代の陸上部エース坂上くん?とか、隣のクラスの、畳屋さんちの長男、白木くんだよね?など、思わず声をかけてしまいそうな・・・ふわふワッフル、どこか懐かしく、昔から知っている、そんな味なのかも。

フランス発お洒落なビオ・ティー「Løv Organic(ラヴ・オーガニック)」

日本でも大人気のKusmi Tea(クスミティー)。セカンドライン「Løv Organic(ラヴ・オーガニック)」は、北欧デザインや自然を大切にする生活スタイルをテーマに、フランスで「オーガニックティー」ブランドとしてパリジャンに、そしてお土産としても大人気。鳥モチーフのキュートなパッケージも魅力的。数あるフレーバーの中から、あなただけの「春」を探してみませんか?

f:id:kotorio:20161229022659p:plain

Kusmi Tea(クスミティー)は1867年にパヴェル・クスミショフによってサンクトペテルスブルグに設立され、ロシア革命の時に拠点をパリに移します。その後長い紆余曲折を経て、2003年、卸売業に長年関わっていたオレビ兄弟がブランド再生に成功。色鮮やかで、異国情緒溢れるパッケージで大人気となりました。

f:id:kotorio:20161229030300p:plain Kusmi Tea Japon  日本のサイトです。

そのクスミティーが2010年、フランスに立ち上げた新ブランドが「Løv Organic(ラヴ・オーガニック)」。名前通り「全オーガニック」を看板に、パリで瞬く間に大人気ブランドに。日本未上陸ですから、フランス土産として紅茶好きさんにとっても喜ばれるでしょう。コンセプトは「北欧」=自然を大切にする北欧のライフスタイルやデザインを基調にしていて、パリジャンにも新鮮に映ったのだと思います。

(“Løv”は北欧で「葉っぱ」の意)。パリ市内にあるLøv Organicブティックは白と木目基調でかわいらしい。

f:id:kotorio:20161229023534p:plain15 rue Montorgueil 75001 PARIS 

www.lov-organic.com

サイトによるとECOCERT認証、また昨日ご紹介したフランス政府による有機栽培認定「ABラベル」米国の「USDA organic」と3つも取得しているようです。遺伝子組み換え、また農薬を一切使用せず栽培された原料が製品の95%以上を占めていることが条件です。

f:id:kotorio:20161229023730p:plain

鳥モチーフのパッケージも魅力。白い鳥は守りたい自然を表わしているそう。味によって缶や箱の色、鳥のイラストが違って、幾つも集めたくなります。パステルカラーがどことなくやさしい春を感じさせますね。
プラスチック材を使用しておらず、100%リサイクル可能。店舗で回収もしています。
ラヴ・オーガニックのお茶は、日常の様々なシーンに合わせたブレンドや、健康状態に合わせたハーブティーなど種類も豊富です。

「クラシック」「フレーバー」「オリジナルブレンド」の3種のティーです。

f:id:kotorio:20161229024250p:plain・アールグレイやジャスミンなどのクラシックラインには「LINDEN-ROSE(シナ花の煎じ茶&ローズ)」と「FENOUIL-ANIS(フィンネルとアニス)」など。

f:id:kotorio:20161229024906p:plain・マンゴーパッション、オレンジシナモンなど、様々なフルーツのフレーバーが楽しめるアロマライン、私の狙いはこちら「BLACKCURRANT-PEACH(ピーチ&カシス)」。

f:id:kotorio:20161229025554p:plain・肌を美しくする「LØV IS BEAUTIFUL」、デトックスの「LØV IS PURE」などオリジナルラインは、お店の人が丁寧に説明してくれます。試飲も可。こちらは冬季限定「WINTER IN LØVウインターラブ」。シナモンと生姜で、寒い夜にスパイシーなあたたかさを。ちなみに一番人気はカモミールや洋梨の香りが安眠を誘ってくれる「LØVELY NIGHT」だそうです。

《今日のひとこと》三寒四温。冷える夜は、ホットなオーガニックティーで一息ついてみましょ♪ほら、幸せのkotoriが新しい季節を連れて、もうすぐそこまで。

農業大国を感じよう!パリ「国際農業サロン2017」

f:id:kotorio:20170301173015p:plain

Salon International de l'Agriculture 2017 

開幕とともに春到来を感じる、もはやフランスの季語「国際農業サロン・パリ」の季節がやってまいりました!その年のウシ界のセレブモデルさん一頭が選ばれ、ポスターに掲載されます。今年のスーパースターはファインちゃん、6歳(メス)。Bretonne Pie-Noir という品種で、おとなしい性格だそうです。

www.youtube.com

フランスは食糧自給率100%を超える農業大国。それを実感できるこのイベントには、毎年、大統領から政府高官も詰めかける国家的行事でメディアの一面を飾ります。選挙を控えた今年は、各候補者さんたちも駆けつけている様子が報道されています。今年は畜産農家の規制緩和を巡っての議論が熱く、国民の注目の中での開幕となりました。

テーマとしては、畜産、食品、農業、農業に関わる職業、の4つに大別されます。子供達や家族連れにも人気なのは何と言っても動物たち(牛、馬、ロバ、山羊、羊、ウサギ、豚、犬など4000頭以上)のパビリオン。

f:id:kotorio:20170301174305p:plain f:id:kotorio:20170301182955p:plain

晴れ舞台のためにフランス各地から上京?してきた、ちょっと緊張気味の牛さんや豚さんたちがメイクアップしていらっしゃいます。

オススメはチーズ、フォアグラ、シャルキュトリー、ワインなどなどフランスの美食が一堂に会するパビリオン。地方料理を楽しめるレストランや試食ブースも充実しています。また22の地方ごとに、特産品やその土地ならではの食材が買えるのも魅力。

f:id:kotorio:20170301182545p:plain f:id:kotorio:20170301183123p:plain

フランスの「おいしい」が詰まった農業見本市、フランス各地の食を一度に見て味わうことができます。フランス食材ファンにとっては生産者と直に会話を交わし、知識を深める絶好のチャンス。大人から子供まで、興味の対象に応じた楽しみ方ができます。

www.salon-agriculture.com

国際農業見本市 2017/ Salon International de l'Agriculture 2017
ポルト・ド・ヴェルサイユ  3月6日(日)まで開幕中
9:00~19:00 1 Place de la Porte de Versailles 75015  13Euro〜5歳以下無料

《今日のひとこと》♪ドナドナドーナドォナ〜 出口はどこさ〜・・・迷いながらふと思った。全国から美男美女が集まるこの場で恋に落ちてしまった牛さん同士に幸あれ。

おうちで三ツ星レストランの味「ロブション」さんちのブイヨン

洋風出汁、取るのが大変だそうで(←他人事)。材料を揃え、長時間煮込んで…

kotorio.hatenablog.com

先月の記事中においても、フレンチ出汁を要求され「さくっとスープの素で」代用している筆者です。お仲間がたへ、今日はマル秘のあの品をこっそりささやいちゃいます。

日本でも「フレンチの神様」として知られるジョエル・ロブション氏。史上最多の星を持つフランス料理界巨匠の味が、なんとご家庭でも手軽に作れてしまう〜〜!

f:id:kotorio:20161231054551p:plain

添加物・化学調味料不使用の100%ナチュラル、こちらは貝類のブイヨン。

f:id:kotorio:20161231055531p:plainf:id:kotorio:20161231055826p:plain

サッシェ(ティーバック)なので、お湯に入れて5分煮込むだけ。風味豊かな本格洋風だしがとれる、魔法のグッズです。実際、パリにあるロブション氏の星付きレストランでも、スープやソースの素として使われているそう。ご本人も絶賛のこの商品、本場のプロも手放せないとか。

フランス料理はメインとして使う素材と、同種類のだし汁を使うのが基本のようですね。(←他人事)この商品、シリーズも豊富で、甲殻類の他にも、ビーフ、チキン、野菜、タイなど。いつもの料理がワンランクアップ間違いなしです。

硬くなったバゲットをちょっと浸すだけでも美味しくいただけそうですし、春先には、アスパラを使ったお野菜スープなどもいいかも。

親日派のロブション氏。恵比寿や六本木にレストランを展開しています。昨年は新宿南口にカフェもオープンしたそう。実はこのブイヨン…アリアケジャパンという日本の会社が作っています(笑)。

パリのスーパーで気軽に買えます。お土産に日本製フランスブイヨンはいかが?

ロブション氏オフィシャル、およびミシュランに輝くレストランのサイトは下記を。

Le Monde de Joël Robuchon - Accueil FR

Joël Robuchon Restaurant » Joel Robuchon

《今日のひとこと》パッケージ写真の巨匠のお顔に見つめられてしまってはーーパックを湯に入れる手元が緊張のあまり狂いそう。さて、無事に出汁はとれたとして、、、あれ、何に使おう?

フランス高級ホテル御用達・ナッツ専門店「エスプリ・グルマン」

f:id:kotorio:20161212013209p:plain

Gilles Pudlowskiさんというフランスのジャーナリスト兼文芸評論家の文章が好きで、よく彼の料理評論を読んでいます。メッスというフランスの小さな地方都市で、高級ホテルや星付きレストランにナッツを卸す専門店を紹介した記事があります。

「エスプリ・グルマン(Esprit Gourmand)」マルセイユ港の近くで、ご夫婦で経営されています。貿易港だけあって、国内産のみならず、カシューナッツはベトナム産、ピーカンナッツはテキサス産、マカデミアナッツはオーストラリア産と世界中を飛び回り良品を探し求めます。さらに2500平米のラボで分析・加工を行うほどの研究肌。

f:id:kotorio:20161212014857p:plain

パリのパラスホテル(5つ星のそのまた上の特級格付け)であるフォーシーズンズ、ジョルジュサンク、マンダリン・オリエンタル、プラザ・アテネ、その他、ヨーロッパはもちろん、モロッコやシンガポールまで世界30カ国に800の顧客を持つそうです。

業務用専門かな?とサイトを覗いたら、こんな可愛らしいセットも店舗で購入可能。ちょっと珍しい、定番以外のフランス土産としていかがでしょう。

f:id:kotorio:20161212015826p:plain f:id:kotorio:20161212014519p:plain

一番人気は、プロヴァンスの黒トリュフをふんだんに使用した《トリュフ味のカシューナッツ》。ナッツの甘みと塩加減のバランスが最高!そこに黒トリュフの豊かな香り〜駅伝や野球でも見ながら開けたら最後、キケンです。くれぐれもお気を付けください。

ローズマリー&塩の花、パルメザンチーズなどフランスならではのバリエーションが面白い。ピーカンナッツキャラメリゼ+ゴマ+スパイスはどこか異国を思わせる組み合わせ。アーモンドプードル、プラリネやピスタチオペーストなど製菓用も豊富です。

平日の仕事帰り、また週末には友人や家族と食事の前に軽くおつまみとワインを飲む文化「アペリティフ」の国フランス。特別な日でなくても、人が集まればワインと軽い前菜でおしゃべりに花が咲く、そんな食卓のおともに。

f:id:kotorio:20161212014406p:plain  Esprit Gourmand エスプリ・グルマン社 公式サイト

《今日のひとこと》

f:id:kotorio:20161212021810p:plainコストコ「カークランドシグネチャー」のアンソルテッド(無塩)ミックスナッツ1.13kg、を主食にしているのは私だけ?カシューの割合が神バランス。フランスにコストコはありません。どなたか、愛の手を。