読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

Sherlock in five languages - BBC Worldwide Showcase 5カ国語で『シャーロック』/ベネ最新情報

Sherlock in five languages - BBC Worldwide Showcase - YouTube 笑って繰り返し見てしまった。BBCシャーロック、1-1『study in pink』のジョンとSHとの研究室での出会いシーンが5カ国の異なる言語で構成されています。 わずか3分16秒のこのシーンですが…

The Valley of Fear 『恐怖の谷』 男のすぐれた物語

すっかり忘れていた。今月はホームズ月間を掲げていたのに「出版祭り」になってしまった。昨日やっと出版を済ませ本日燃え尽き症候群状態。昨夜はダンスに行ったけれど寒くて眠れず夜中何度も目が覚める。おかげで今朝はla grasse matinée(グラスマチネ=朝…

London Film Festival 2014:Benedict Cumberbatch 『 The Imitation Game』ロンドン映画祭開幕・ベネディクト『イミテーション・ゲーム』

The Imitation Game - NEW Official UK Trailer - YouTube こちらはロンドン・テレグラフ紙から。ロンドン映画祭 BFI London Film Festival | BFI の開幕を飾るベネディクト主演『イミテーションゲーム』(モルテン・ティルドゥム監督)はユーチューブでレッ…

ニーナ・シモン『sinnerman シナーマン』 SHシーズン2-3ライヘンバッハ挿入歌

Nina simoneニーナシモン『sinnerman シナーマン』。SHシーズン2-3『The Reichenbach Fall(邦題はライヘンバッハヒーロー)』冒頭の挿入歌として使われた。 ドラマ開始直後から、自らの不吉な運命を予感しているどこか影のあるシャーロック。素直に警察…

ThinkersとFeelers 『シンカー:考える人』vs『フィーラー:感覚の人』マイク&シャーロック兄弟対決

前々からBBCシャーロックの「兄」マイクロフトという存在の描き方にハマっている。って早々に、カミングアウトしたけど。というのも彼が監督兼、脚本だから(笑) 私も長女だし彼の長男独裁気質が肌に合う。画面に出てきて何やってくれてもどんだけエバって…

BBC情報 ベネディクト・リチャード3世/カフカの『変身』朗読

【その1】BBC公式サイトでドラマ『The Hollow Crown: The Wars of the Roses』が公式リリースされている。これはちょっと分かりづらいのだけれど「madia center (メディアセンター)」から入って、latest news(最新情報)をクリック。プレス向け情報。 BBC -…

マイクロフト兄(ゲイティス監督) BBCドラマSH シーズン4について語る 

BBC版では兄「マイクロフト」という存在がトンガッタ独自性を放ち、初登場以降、私の中でトップ君臨している。たぶん長女である私自身が「マイクロフト」的要素を自身の中に認めているからだろう。人は無意識のうちにドラマや小説の登場人物の中に「自分と似…

コーヒーの日 Get Your Coffee With Sherlock!

国際協定で珈琲の新年度は確かに10月からだが、1日が『コーヒーの日』となっているのは日本だけみたいだ。(『世界コーヒーの日』は9月29日 WHY?)『珈琲』という漢字のたたずまいになかなかに惹かれるものを感じ、根っからの珈琲党。高じて学生時代には神…

Sherlock Original TV Soundtrack-Music シャーロック:サウンドミュージック1・2・3

BBCシャーロックを初めて見た冒頭5分の衝撃の理由は「音楽」だった。オープニングのテーマソングが流れてきた時に「あ、米国の科学犯罪捜査番組だな」(←こらっ・笑)と思ったのである。この独特な、感情ではなく、大脳新皮質に直接働きかけるようなちょっ…

シャーロック・ホームズ『唇のねじれた男』(コナンドイル著) 翻訳&解説 kindle出版しました

BBCシャーロック3-3(最終話)冒頭は、正典『唇のねじれた男』が元ネタになっていることは記事【その1】で取り上げた通り。 SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その1 シャーロックの決意 - Entre poire et fromage 9月27日にkin…

SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その5 ラストシーン『東の風が吹く』編

【82分】残るはあと8分。飛行場のジョンとの別れのシーンは『セリフにしない言葉』が、殆ど一秒ごとに変化するSHの表情のみで語られる。その前にまずはマイクロフト、ガラス張りの部屋(冒頭参考人招致で使っていた会議室か)で外を眺めながら。SHの処分につ…

SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その4  A deal with the devil:悪魔との取引 編

紅茶やパンチに薬をもって家族一同眠らせたSH。JO「いったい何した?」SH「 A deal with the devil」悪魔との取引さ――我々一般人にとって、この世にいるうちはできれば経験しないほうが幸せな事象、というのも多々ある。 【回想シーン】カフェ=「病院…

SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その3 ジョンの『業』/シャーロックの直球魂

1)レストレード、事情聴取のためジョンと病院へいくもSHの姿なし。まあ当然ですな(笑)しかもまたレストレード動画撮ろうとしてた!!221Bではジョンの椅子が戻してある。JO「He’s Sherlock. Who would he bother protecting?」あいつはシャーロックだ。誰…

SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その2 ヒューマンエラー/マインドパレス編

1)(20分前後)221Bへ現れたマグヌッセン。SHはあくまで紳士的に交渉依頼を持ちかけるも『傍若無人』という日本語がぴったりとしか言いようのない態度で二人に接する。 ここでマグヌッセンの頭脳ファイルからSHの情報が引き出されている。これは邦訳…

SHERLOCK/シャーロック3-3 His last vow 『最後の誓い』感想その1 シャーロックの決意

シーズン3の1話でジョンを拉致し火あぶりにしようとした人物がようやく実態を見せた。チャールズ・オーガスタス・マグヌセン。(CAM)「新聞社オーナー。富と権力を使い情報を集め、世界各国の重要人物の弱みをつかむ『恐喝の帝王』」恐喝によって得た権力…

Sherlock 3-2 『 The Sigh of Three:邦題: 3の兆候』 結婚狂騒曲・先走り推理編 その4 シャーロックのシャーロック性を求めて

*【キタ~!その1】SH「ジェフ(わざと)トイレの時間だ」Lock this place down (この周辺を封鎖しろ):レスト氏「グレッグだ」ヤードに協力要請。SH始動!いいチームプレーじゃないか?グレッグ、もといレストレードって、雰囲気的に元ラグビー部デス的…

Sherlock 3-2 『 The Sigh of Three:邦題: 3の兆候』 結婚狂騒曲・先走り推理編 その3 僕たちの事件簿&絶対的権力者、兄マイクロフト

感動のスピーチは一転『ジョンの笑える話』へ。ブログから各種事件紹介と続き「血まみれ近衛兵事件」へ。 ・・・・(絶句)。この病んだ背中見た時、どこのビョーキのお子さんかと思いましたよ、シャーロック・・・。一人ユーチューブで頑張ってお勉強したの…

Sherlock 3-2 『 The Sigh of Three:邦題: 3の兆候』 結婚狂騒曲・先走り推理編 その2 感動スピーチ&もっと感動モファット監督インタビュー翻訳

『 The Sigh of Three:邦題: 3の兆候』 結婚狂騒曲・先走り推理編 その2はベストマンのスピーチシーンから。脚本担当のモファット監督の貴重なインタビューも。 回想で、依頼された時のことが。「ベストマン=最高の男」――養護施設を運営する一方で時々殺…

Sherlock 3-2 『 The Sigh of Three:邦題: 3の兆候』 結婚狂騒曲・先走り推理編 その1

今回はThe・結婚狂騒曲!お洒落な画像、編集技術とSHのジョン依存度・精神分析を力抜いて楽しむ回か。とかくシリーズ3は、全てがラスト第3話へ結集するようネタが張り巡らされている。第2話は、遊び心満載の緩めエピソードで、トリック好きマジファン、正…

B・カンバーバッチのナレーションCM/ゴールディング『The Spire/尖塔』朗読オーディオ

Pedigree DentaFlex - YouTube ビックリした!私はBBCシャーロックのベネディクトの声がすごく聞きとりやすく、落ちついていて、早口でさえ好きなのだが、上記CM彼のナレーションとは! 「Pedigree DentaFlex」英国のペットフードのCMみたい。ファン必須情報…

BBC:SHRLOCK(シャーロック)シリーズ3 第1話 The Empty Hearse /『 空からの霊柩車』

英国放映後、フランスでDVD販売初日にFNACで購入。The Empty Hearse:空の霊柩車、邦訳はどうなるのかと思ったら『空(から)の霊柩車』うまいなぁ。 こちらはBBC公式HPより、2014年1月1日シリーズⅢ-1放映の公式大発表がなんと突然霊柩車で行われた衝撃の日…

BBCシャーロック シーズン2 最終話『The Reichenbach Fall』(邦題:ライヘンバッハヒーロー)【その1】全体所感

MASTERPIECE | Sherlock | Steven & Moffat & Benedict Cumberbatch Re: "Reichenbach Fall" | PBS - YouTube ★というわけでシリーズ最終話の第3話『ライヘンバッハの滝』:邦題がライヘンバッハ・ヒーローになっているそうな。今回はコメンタリーが付いて…

『秋を探そう』――SHERLOK(シャーロック)のルーペ

今週のお題「秋の気配」 シーズン2第3話(最終話)までの幕間として、こちらの調査結果(笑)をどうぞ。 シャーロックが持ち歩く小型ルーペ。現場検証の際に、アンダーソン(注:ヤードで常にSHから罵倒を浴びせられる担当男)の300倍役立つ、有能小物。…

Sherlock Seison 2 Episode 2 :Les Chiens de BASKERVILLE BBCシャーロック2-2ハウンド 【その3】 後半感想

では後半戦。の前に今思い出した、私が以前、正典もグラナダ版の『バスカヴィル』もけちょんけちょんに書いたのは、BBCが300倍面白かったからだ。謎が解けた(笑) ★四方が白いラボ内SHはどのシーンを見てもお肌が素敵。ハウンドの幻想をみたジョンを今度はS…

Sherlock Seison 2 Episode 2 :Les Chiens de BASKERVILLE BBCシャーロック2-2ハウンド 【その2】 前半感想

★途中まで仏語吹替えで観ていたためタイトルもそれで。 事件がないためいらつきまくり、ハドソンさんにまで八つ当たりするシャーロック。短く、力強く221Bのインターフォンが押され・・・≪あの鳴らし方は≫ジョンと声を揃え「依頼人だ!」英語ならクライアン…

BBCシャーロック/シーズン2-2話:『The Hounds of Baskerville/バスカヴィルの犬(ハウンド』【その1】コメンタリー

そう言えば、シャーロック/シーズン2は3話の各エピソードで彼が「愛」「恐怖」「死」に立ち向かうんだよ、とDVDコメンタリーで監督が言っていたのを思い出した。なるほどアイリーンの回が「愛」。バスカヴィルでは「恐怖」に挑むコンサル探偵。 そこで今…

BBCシャーロック/シーズン2-1話:『A Scandal in Belgravia・ベルグレーヴィアの醜聞』

唯一シャーロックに強烈な印象を残した「あの女」ことアイリーン登場。Blgravia(ベルグレーヴィア)」はロンドンの上流住宅地。 脚本は1-1話を手掛けたスティーブン・モファット。もちろん正典の『ボヘミアの醜聞』が元ネタ。 もう何度も書いているけれ…

BBCシャーロック1-3『The Great Game/大いなるゲーム』

元ネタは「ブルースパティンドン」と「海軍条約文書」か。小ネタとして気づいたのは ・「緋色の研究」――太陽系の知識の欠如/「データ・データ・データ!」もか? ・「マスグレーブ家の儀式」――生首in冷蔵庫 ・「ボヘミアの醜聞」――封筒の産地、パーカーの万…

High-functioning sociopath(高機能反社会的人間) シャーロックの哀しみ

コナン・ドイルをはじめ、作家ではジョナサン・スウィフト、アンデルセン、メルヴィル、ルイス・キャロル、イェイツ、、ジョージ・オーウェル。 哲学者がスピノザ、カント、シモーヌ・ヴェイユ。 音楽家がモーツァルト、ベートーヴェン、サティ、バルトーク…

BBCシャーロック1-2『The Blind Banker/死を呼ぶ暗号』 シャーロックの孤独思考の変容

グラナダホームズからすっかり浮気しBBC現代シャーロック。特にシーズン1・2は当時DVDで英ー仏版で繰り返しみていたので、初・日本語字幕の感想は「言っているセリフ(に含まれる情報の)取捨選択がいかに難しいか」。画面上制約のある中、何を捨て、何を…

『人生の書』といういささか大げさな題名の

例えば、顔の筋肉や視線のちょっとした動きから人のこころの奥底までも見抜くことができる――と著者は書いている。観察と分析の訓練を積んだ人間の眼をあざむくことは不可能だ、と。 結論はユークリッド幾何学の定理並みに、間違いがない。何も知らない相手は…

BBC Sherlock 1 (study in pink) /現代版『シャーロック』仏語版CMお試しあれ

BBC『SHERLOCK』(現代版:シャーロック) 昨年パリのFNACで仏英バージョンのシーズン1/2セットDVDを購入。当初は語学力向上の意図もあって仏語吹替えでみるも⇒仏語がどうもホームズに合わない気がする⇒英語音声仏語字幕でみる⇒頭が混乱⇒結局英語オンリーに…

ホームズの思考術実生活応用――創作に、翻訳に、そしてダンスと減量に

この秋の個人的テーマは――ホームズの「推理」と「分析」の実生活応用――で行こうと決めた。 感情に人生を振り回されるのではなく、理性で自らの人生を制しないと、既に9割方、生活が立ちいかなくなっている。つまり収入がない。 この方法については、ワトソ…

グラナダ1-(5)The Crooked Man『曲がった男』

56短編の20番目。ストランド1893年、『思い出』収録。バークレー大佐殺人事件。意識不明の夫人の口走った“デイヴィッド”とは何者?事件の奥には30年前、植民地インドで起こった悲劇があった――ミステリーでも推理小説でもなく「歴史と人間を描いた作家」とし…

コナン・ドイルにとっての「書くこと」――今週のお題

今週のお題「書くこと」 (画像は『海軍条約文書』一場面から) 独立機運高まるスコットランドだが、ホームズの生みの親、コナン・ドイルはスコットランド生まれのアイルランド人だ。家庭を重んじ、豊かでない家の長男として使命感を持って幼少期を過ごした…

ホームズの出身大学は?オックスフォードVSケンブリッジ

欧州にやってきて1年3カ月、休む間もなく必死で仕事を探すだけの毎日だった。探して探して探して、探し、100%振られまくるためだけにやって来たみたいだ。無収入のまま月日だけ過ぎ、季節は巡り、当然ながら残高が尽きる日がやって来た。 その間、なんと…

グラナダ1-(4)the Solitary Cyclist『孤独な(美しき)自転車乗り』

56短編の28番目。ストランドマガジン1904年。『帰還』収録作。依頼者はヴィオレットスミス嬢。音楽教師。怪しげな自転車乗りにストーカーされている。グラナダ版邦訳の『美しき自転車乗り』ではこのお嬢さんを指すが、タイトルを素直に訳せば『孤独な』自転…

ホームズ関連クイズ解答 

前回の性悪クイズの回答を。ホームズ同様、男嫌い(同様じゃないじゃん)しかし女はもっと嫌い、ようは人間嫌いらしい私の、自己防衛ネタ。 【ドスト氏クイズ】 ――カラマーゾフの兄弟の名を(フルネームで)下から述べよ。 アレクセイ・フョードロウィチ・カ…

グーグルロゴ 9月9日はトルストイ!/ホームズクイズ

今日のGoogleロゴ/2014年9月9日は、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ/Лев Николаевич Толстой/Lev Nikolayevich Tolstoy(1828年9月9日−1910年11月20日)の生誕186周年。何度も言うけれど、日本ではだいたい偉人の「命日」で偲ぶけれど海外では生まれた…

グラナダ版1―(2) The Adventure of the Dancing Men『踊る人形』

1984年5月1日英国放映:56短編の27番目。ストランド1903年発表、『帰還』収録作。テーマは『謎の暗号』とその解読。 *これは推理小説の元祖ポーの『黄金虫』と共通点がある。 *ホームズ『オレンジの種5つ』(『冒険』収録作)と同様の構成内容になって…

グラナダ1(3)海軍条約文書事件 The Naval Treaty

56短編23番目。ストランド1893年『思い出』収録作。依頼者は外務省高官パーシー・フェルズ、事件は文書盗難、国家機密紛失モノ。私の好きなお国外交分野だが二度目に日本語字幕で見直してみたら結構突っ込みどころに気づいた。あまりに有名な(2:赤毛)を…

グラナダ1(1)ボヘミアの醜聞 A Scandal in Bohemia

第一シリーズに戻って、全編感想記録チャレンジ。第1回放映はMyベスト短編。A Scandal in Bohemia。56の短編小説のうち最初に発表。通算では長編の緋色、署名に続く3作目となる。ストランドマガジン1891年7月号。『冒険』収録作。唯一ホームズを出し抜いた…

ホームズ好きの質問

ネット上では『~の100の質問』なるものが存在する。当然「ホームズ好き100の質問」なんてあるだろうと日本語で検索をかけたら「グラナダ版」で詳細限定されて個人作成バージョンが見つかりかなりの回答がある。さすがjpファン。 100も答えられないのでこれ…

グラナダ雑感 (『もう一つの顔』字幕版 again)

必要があって、グラナダホームズ第3シリーズ『もうひとつの顔』を、初の「日本語字幕版」で見た。これをフランスから見るには。「FC2動画」というサイトに登録し(言語設定は選べる)さらに有料会員になる必要がある。何故か今日、クレジットカードが使え…

グラナダ版ホームズ第6シリーズ 第41話(最終話) the Mazarin Stone『マザリンの宝石』 

56短編のうち46番目、ストランド1921年10月号『事件簿』収録作。三人称で書かれた。最終話だけに、入り組んだストーリーの見どころ要約し、下書き保存してから鑑賞したら、なんと全て消えていた。賢いはてなブログ、いつもバックアップ機能に助けられている…

グラナダ版ホームズ第6シリーズ 第40話the Golden Pince-Nez『金縁の鼻眼鏡』

56短編の34番目。ストランド1904年7月号。『帰還』収録作。正典では私的ランキング上位のストーリーなのだ。ところが!何とワトソン役のエドワードさんが都合により出演できずグラナダ版では兄マイクロフト(役者:チャールズ・グレイさん)とポプキンズ警部…

グラナダ版ホームズ第6シリーズ 第39話/The Cardboard Box 『ボール箱』 ジェレミー遺作

56短編の14番目。ストランドマガジン1893年1月号。『挨拶』収録作。依頼者はなんとレストレード警部。ある女性のもとに、切り取られた人間の耳がボール箱に入って送り付けられてきた――というハナシ。 第6シリーズは残り2作品だが、日本版での放映順序が入…

グラナダ版ホームズ第6シリーズ第38話:The Adventure of the Red Circle『赤い輪』

56短編のうち41番目、ストランドマガジン1911年3・4月号。『最後の挨拶』収録。これを今書いていてふと思った、関係ないけど1911年と言えばイタリア・トルコ戦争(トリポリ戦争)の年。さあ『赤い輪』とは。 こちらは正典を読んでもあまり共感というか、ネタ…

グラナダ版ホームズ第6シリーズ 第37話:The Adventure of the Dying Detective『瀕死の探偵』

56短編の46番目。ストランドマガジン1913年12月号。『最後のあいさつ』収録作。 感想を一言で――珍しく『Objection! !(異議あり)』(笑)? 正典で好きな作品だっただけに、なんとグラナダ版、開始37分までオリジナル脚本(舞台背景を先に描く)にイライラ…

Sherlock Holmes : un nouveau limier pour le XXIe siècle フランスでホームズ国際シンポジウム

ソルボンヌ大学のHPをふと見たら、先週~今週の月曜日までの1週間、なんとホームズ研究者らによる国際講演会が行われていた!!なんてMIssing!寝ぼけてた私のバカバカ! Université Sorbonne Nouvelle - Paris 3 - Sherlock Holmes : un nouveau limier p…