Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

アメリカのダンス・コンテンポラリーのド迫力

なんてったって迫力ありすぎるので、のせてみた。

FOXといえば全米のTV局。の、ダンスコンテンポラリーのグループ映像。

 実は、私が今、どぎもを抜かれている某モダンジャズの先生(かなりコンテ寄り)のHPを見ていたら、以前この曲を振りつけていた。見ていてすごい迫力に鼻血が出そうになったので、一体これはなんの曲なんだ、モトネタはなんだと検索をしていたら、この動画に突き当たってしまったというわけ。

おフランスはダンスクラシックとコンテンポラリーの国じゃん、と決めつけていたけれど、そのコンテすら、アメリカにかかれば、かのようなド迫力の演出になる。なんといったってあちらはアルヴィン・エイリースクールだの、マース・カニングハムだのとモダンの独自の歴史には事欠かない。ジャズダンスの歴史も、そして現在も、結局はアメリカだった。かたや、これはフランス(欧州)の香りと誇り、と思っていた「コンテ」までも?そうなったら「フランスの独自性」って、どこに求めたらいいのか。最後の砦、パリオペラ座のダンスクラシックしかなくなってしまうではないか・・・。


Top 20 Group routine "Ghost of Sky (Epic Dub)" So ...

演技そのものは1分17秒付近から。それまでは学校紹介かな。