Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

La Reine d'Angleterre /女王、パリ来たる 

 一週間ほど前のこと、パリ市庁舎前がブリティッシュの旗で一色になっていた。パリの道が馬で、そして黒塗りの車で埋め尽くされている。

f:id:kotorio:20140618155218j:plainf:id:kotorio:20140618155229j:plain

 W杯、サッカー?「ベッカム様」~って、あれ、10年前でしたよ?・・・完全にとぼけている私。大丈夫か・・・しっかりするんだ、自分!

 ノルマンディ上陸作戦70周年記念式典で、英国エリザベス女王がパリにやってきた。

A 88 ans, la reine ne voyage plus autant que par le passé, mais elle a tenu àcommémorer ce 70e anniversaire du Débarquement sur les plages de Normandie.

 え、女王様88歳なの!!新しいパリ市長、アンヌ・ビダルゴ女史(女王の左にいる白いコートの女性ね)と並んで歩く 。

 女王様と言えばそのファッション。素敵な帽子コレクションは、ル・フィガロ等各紙サイトで。パールのネックレスが顔を華やかに見せている。明るい色遣いが多く、なんとも落ちついた品がある。こちらの若い人は黒ばっかり着ているけれど。

f:id:kotorio:20140618155242j:plain

f:id:kotorio:20140607090607j:plain

 でも2014年前半、今、世界で一番有名なのは、「あの」女王さまです、たぶん。

 私は観ていません。170億突破?フランスでも一位独走中です。彼女の名前はエルサさん、雪の女王さま。こちらの映画、原題は「フローズン」とただシンプルな英単語でしたが、仏語版は「La Reine des Neiges」(雪の女王)とまんま、です。

  独走しているのは映画のみならず、その主題歌。さて仏語版がありました。ユーチューブってほんと、素敵・・・。しかも歌詞付きを見つけた。最強です・・・。


La Reine des Neiges - Libérée délivrée, version karaoké ...

「 Libérée,Délivrée」って言ってます。自由に、自分を解き放って・・・っていう。レミゼのon my own的共通項があります。来年あたり、誰かがフィギュアスケートのフリーの演目に加えて、くるくる踊っていそう。実は私、これ系ってちょっと苦手。アニメ声がどうもダメだし(ってかそもそもアニメです)昔からハイ、ハイ、好きに解き放って下さいね、という現実的な子供だった(笑)

 日本でも流行っているんでしょうか、いるんだろうな。