Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

もし空を飛びたければ――

『Most people get ahead during the time that others waste』

(たいていの成功者というのは、他人が時間を無駄にしている間に先へ進んでいるんだ)は、ヘンリー・フォードの有名な言葉。実業者らが座右の銘にしてたりするけど、実は私も、このところひしひしとそれを感じる。

f:id:kotorio:20140703173622j:plain

 本当に今自分が正しいと信じ選択していることが、正しいのか、踊りながら、小説を書き進めながら、迷わない日なんて一日もない。パリのダンス業界・勢力地図が何となく飲み込めてきて、自分がとても小さな中で、(ほとんどそれは、動かない渋滞タクシーの中で)踊っているような気になる。他に行くべきところがあるんじゃないか、身体の動くうちに。自分のいるべき場所、使っているエネルギーはほんとうにただしいのか、自問しながら、それでも足だけは止めないでいる。

 そんな時、私はいつもこう思うことにしている。

『He who would learn to fly one day must first learn to stand and walk and run and climb and dance; one cannot fly into flying.』(いつか君が空を飛びたいんだったら、まずは立ち上がり、歩いて、走って、踊ることを学ばなきゃ。それをすっ飛ばして、飛ぶことはできないよ)

――あ、もっと威厳のある訳し方をしなきゃいけないね。Nietzscheだもん。

 いよいよニコラ(Nick)のスタージュも後半戦突入。昨日からビヨンセの曲で新しいコレ(振付:当ブログではコレオグラフィーの略で使っています)、また前作とは違った感情溢れる魅力。下は別の動画ですが、パリの至る現代シーンの中で、彼(右端)が全く違う、別人格のモードな表情を見せているので。


SHY'M - Et alors ! (HD) - YouTube