読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

夜空を、見上げよう―――2014ペルセウス座流星群

 のどが張り裂ける~と、痛さに目覚めた只今月曜の朝。「のどぬ~る」スプレーみたいなものがフランスに有るのかどうか。こんな時のために、日本から隠し持ってきたフィニッシュコーワをスプレーし「泣きっ面に蜂とはこのこと・・・」と思う。

 別に扁桃腺持ちという訳でも、特別子供のころからだが弱かったわけでもないのに、30前半をちょっと過ぎたあたりで、一年に一度ぐらい、のどが張り裂けるように真っ赤に腫れていることがあって、マツキヨにかけ込んだ。将来的にも「年イチ」ペースでやばいぞ、と、とっくに使用期限は切れているのだが、まあないよりましだと思って忍ばせてきたフィニッシュコーワくん。1年2か月後、しかも8月の平日の朝についにお披露目となった。

 でも真面目に、ホントに風邪をひいたり、大熱だしたり、喉にきたらフランス語でなんて説明するんだ?24時間薬局で処方箋なしでかえる何かを知っておいたほうがいいかも、と思い(『楽観』と、気が抜けていることとは違う。特に海外でひとりで生きているからには。)グーグル検索しようとしたところ、おお、素晴らしい。当ブログ隠れ連載となりつつある「Google:今日のロゴ」シリーズ! 

f:id:kotorio:20140811151732j:plain


GOOGLE, DOODLE, PERSEIDAS 2014 - YouTube

 なんと動画である。そしてgoogle.fr(フランス版)では、新聞ル・フィガロのサイトへ飛ぶようになっている。 Les Perséides illuminent Google

 静かな弦楽器の音(ね)が、夜のしじまに響き、ひんやりとした空気までもが伝わってくるよう。音楽ソースが分からず。

 フランス版によると、11日月曜から13日水曜の間がピーク。1時間当たり100~150の流星が観測できるという。ただし、Superlune(満月)がちょっとライバルかな、とのこと。ただしペルセウス座流星群は明るい流星が多く、月の方向に対して直視しない方向であれば、肉眼でも充分可能らしい。

 こちらは『la superlune se leve dimanche soir sur le colisse de Rome 』:昨夜(10日)日曜の夜にローマのコロッセオの上に登る満月 ―― 

f:id:kotorio:20140811152958j:plain

 

Les Perséides 

 喉のことはすっかり忘れている私であった・・・。