読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

CND:フランス国立ダンスセンター2014-2015シーズンProレッスンアジェンダ発表

 フランスのCND:Centre national de la danse(国立ダンスセンター)の2014―2015シーズンの新しい訓練プログラムがHP上で発表になっている。おそらく殆どに関わることになると思うので、ちょっと今日は自身のための覚書メモ。

『Saison 2014 / 2015 La nouvelle saison est en ligne !」Centre national de la danse

 

 センターは1988年に建てられ、2012年に改築されている。全てのダンサーとプロ、アマ、研究者のための施設となっていて、レッスンスタジオ、パフォーマンスの舞台はもちろん、シネマテーク、ライブラリ(おおよその映像、出版といった視聴覚コレクションがある)があり、ダンスに関わるプロジェクトを推進している。場所はパリ:1, rue Victor Hugo93507 Pantin cedex40 ter, リヨン:rue Vaubecour 69002 Lyonの二か所。

 一般向け舞台や公開講座のほか、プロダンサー用の訓練プログラムが二大柱か。 le programme des formations sur la saison 2014/2015をダウンロードして、パリ・パンダンにて受講可能な分をチェック。想像はしていたけれど、かなりコンテ寄りの講師陣。

1)Trisha Bauman Contemporain トリシャ・ブラウン(コンテ) 

 lundi 15 au vendredi 26 septembre – 11h-13h

2)Jenny Sandler Classique ジェニー・サンドラ(クラシック)
mardi 16 septembre au jeudi 16 octo

3)Sandrine Maisonneuve Contemporai サンドリーン・メイソン(コンテ、フェルナンクライス)
lundi 29 septembre au vendredi 10 octobre – 11h-13h

4)Stefania Pavan Fecil Jazz ステファニア(ジャズ) 
lundi 13 au vendredi 17 octobre – 11h-13h

5)Martha Moore マーサ・ムーア(コンテ)
lundi 3 au vendredi 14 novembre – 11h-13h

6)Darrell Davis ダニエル・デイヴィス(クラシック)バランシンのメソッド
mardi 4 novembre au jeudi 11 décembre – 10h30-12h30,

7)Arno Schuitemaker  アルノ(コンテ)
lundi 17 au jeudi 20 novembre – 11h-13h

8)Agata Maszkiewicz アガタ(コンテ)ステージパフフォーマンス
lundi 24 au vendredi 28 novembre – 11h-13h

9)Serge Ricci セルジュ・リッチ(コンテ) 
lundi 1er au vendredi 12 décembre – 11h-13h

10)Christine Kono-Pohlmann クリスティン・コーノ・ペルマン(クラシック)
lundi 15 au vendredi 19 décembre – 11h-13h

2015年

11)André Lafonta アンドレ・(コンテ)
lundi 5 au vendredi 16 janvier – 11h-13h

12)David Thole デイヴィッド・トーレ(クラシック)
mardi 6 janvier au jeudi 12 février – 10h30-12h30

13)Xavier Lot ザヴィエル・ロット(コンテ)フェルナンクライス
lundi 19 au vendredi 30 janvier – 11h-13h

**********************************

 ちなみに、一般向けステージとしては10月にマリ・アニエス=ジロの舞台で幕を開ける模様。それから9月10日~30日まではリヨンで「ダンスビエンナーレ」という催しがあり、そちらにもCNDは絡んでいる様子。とにかくお国のやることだから、どこまで信じていいのか分からず、かといって乗り込んで自分の眼と身体で体験してみないことにはニコラ・ル・リッシュやシルヴィ・ギエムの批判がどのあたりにあるのか見極めることができない。

 混乱しやすいため注意が必要なのが、『国立振付センター Centres chorégraphiques nationaux(通称 CCN)』と『振付開発センター Centres de développement chorégraphique( 通 称 CDC)』という全く別個の国立ダンス機関が存在すること。こちらとCND(国立ダンスセンター)との住み分けについても把握して行かねばならない。おそらく彼らの指摘は、文化通信省が法人として手掛けているこの2団体の活動にダイレクトに向けられている。仏文化通信省サイト:

Danse - Centres chorégraphiques nationaux - Ministère de la Culture et de la Communication 

 来月からレッスンが始まって時間が取れなくなる前に、ひとまずこのあたりのフランスの歴史的経緯について、まとめておく。