Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

大幅減量/WEIDERサプリ『ボディシェイパー』に頼ってみる!

 WEIDER(ヴィダー)http://www.weider.es/ は日本でもプロテインやサプリでおなじみの米国・ドイツベースの栄養補助食品会社。自力で10キロ以上の短期大幅減量は、季節的にも(秋)かなりキツイ。ここはひとつ薬物の力を借りることにした(笑)

 フランス、パリには大手スポーツショップが幾つかあるが『Decathlon』  http://www.decathlon.fr/ がマドレーヌやラディファンスにある。品質は眼をつぶるとして、安さと品数ではまあ最大手かも。

 ジムの隣にある専用サプリショップも2軒ほど物色済みだが、ボディービルダー用のマッスル商品が多く「mincer(痩せる)目的」つまりカルニチン、ファットバーニング(脂肪燃焼)がごく僅か。微妙な商品しかなくてやめておいた。

 そんなわけで本日、ダンスの前にGetしてきたのが下記2商品。

1)カルニチン『L-CARNITINE TABLETS』60錠入り 12ユーロ

http://www.weider.es/Productos/V/View/P/453

 言わずと知れた脂質代謝に作用するL-カルニチン様。アミノ酸から生合成されるビタミン物質で、脂肪酸をミトコンドリアまで運んでくれる優秀な役割を果たしてくれるのだ。有酸素運動の前に3錠。100グラム当たり含有量は23g。

2)サーモキャップ『THERMO CAPS  El termogénico más completo』

最も包括的(有効な)脂肪エネルギー燃焼。カフェインとの強力な熱発生を起こし、食欲減退効果あり。ダイエット期間中には非常に有効とされている。日本では輸入はされていないみたいだけれど、この手のものは米国主導で『サーモジェニック・ファットバーニング』とか『ホットバーナー』(←怪しげな名前・笑)で検索するとだいたい同様商品が出てくる。主成分はL-カルニチンカフェイン、KFS(ウコンエキス⇒満腹感を増幅させることによって飢餓感を減らす。食事制限中、低カロリー食中の不安感、イライラの軽減)、カイエン、ナイアシン、クロム。運動中に、脂肪を即効かつ効率的にめらめらと燃やしてくれる「神」サプリ。

 運動しても疲労感がたまる一方、あるいは既に、私のように水を飲んでも太る身体になってしまっている、減量と共に筋肉も一緒に落ちる宿命――という状態では、もうある程度の投資覚悟で世界的評価の高い「お助けマン」の力を借りるしかない。遅すぎたぐらいだ。

【初日使用感想】

 早速午後、3時間の超ハードダンスの前に(バカンス明け一発目でみんなばてばてだった)試してみた。3錠のところそれぞれ2錠に減らして併用。おそらく副作用とかないと思うけど。なるほど身体が芯から燃えている感じがして3時間(これはサプリ2による精神的効果かも知れない)

 減量期間に入って一番困るのは、食べない辛さや飢餓感ではない。体重が落ちていくにつれ、ダンスレッスンで「振付に集中できない、あるいは(集中できないために)間違える」ことだ。気持ちがある瞬間にふっと切れてしまい――おそらく脳に糖がいっていないためだろう、もう教師が言っている新しい振りが、まったく入っていかない。すぐ間違える。減量中のエネルギー不足・極度の飢餓状態から、気持ちが完全に「キレテ」しまう状態。これが最も私が恐れていること。最前列で集中力が切れることの恐ろしさ・・・間違えようものなら――その後自分の身に降りかかることは、痛いぐらい想像がつく。 

  おそらくですね、私が期待するに、サプリ2のサーモキャップのほうは、カフェインも入っているし、脂肪燃焼も当然のことながら、ある程度、3時間の集中力とハイレベルの興奮状態を保つことだと思う。ホームズがあの時代にコカインやって自分を鼓舞していたのはもちろん非合法ですが、こちらは現代科学に基づいた、副作用なしの健康補助食品。

 減量期のボディーヴィルダーさんのブログ、HPなども参考にして、この業界、商品のことも勉強していく必要がある。ひとまず帰って昨夜より1キロ減。そら、絶食&朝のサウナで大発汗&サプリ2種+3時間のダンス、となればね。何が幸いしての結果かは確定できませんが。さあ目標12キロ減になったところで、いよいよ本格スタート!!