読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

ロンドン/ダンス『パイナップル』スタジオ 

Danse

 英国・ロンドンのど真ん中、ダンススタジオ『パイナップル』Pineapple dance studioのサイトとjazzクラスの紹介動画を見ていたらヤバイ、訳もなく泣けてきた。


Jazz Dance Classes at Pineapple Dance Studios - YouTube

【ロンドン:パイナップルスタジオ】

公式サイト:Shop and Classes | Pineapple /  About Us | Pineapple 

 『パイナップル』っちゅースタジオの名前もどうかと思うが(笑)メロンだのパンプキンよりは、、、マシか。

 1979年創設された、初心者からプロまで通える、ダンサーならみ~んな知ってる超有名スタジオ。確かコヴェントガーデンの駅から歩いてすぐで、私が行ったのは2000年半ばだからもう10年近く前になってしまう。

「な、なんかNY(もちろんBDC)と比べるとこじんまりしてるけど――ま、イギリスだしっ」みたいな――。

 余談だが当時、自身がクラシック全盛期だったから、ロイヤル観て、ロンドンで職人さんの作ったトウシューズ1足買うのが目的だったから(行ったら死んでた、もとい、お亡くなりになっていた。トウシューズ=ポアント作り手は高齢化していて、後継者もほとんどおらず、その職人さんが居なくなればその型はそれっきり途絶えてしまう)このスタジオはそれほど重要視もせずスル―してたのね。

 ロンドンにはもう一つ大御所として『ダンスワークス』Danceworks 

Image http://danceworks.net/ がある。

ボンドストリートすぐ。 こちらの方が全体的に洗練され、若干落ちついたムードなのかな?バレエやヨガといったあらゆる種類のクラスが充実しまさしく「オープンクラス」の王道、といった存在。ま、早い話が、みんな、どっちもいっとるけどね~~、という(笑)ダンスワークスは確か受付まで行って、スケジュール表だけ村ってきたんじゃないかなぁ・・・。

************************************

 いいな、ホンキのターン、ホンキの汗、ホンキの振り。

 永遠でないと分かっていても。

 まだ見ぬ世界があると、分かっていながら。

 どうして今私は、パリで、

 生きるために、死んでいるんだろう。

あれ?しまった、ダンスブログはもう一つの『ショーズ・ド・ラ・ダンス:ダンスについて語ること』になってたんだけど、こちらは「アントレ」の裏ブログ的覚書と化してしまい、まるで機能していない(笑) 


Chose de parler de la danse ダンスについて語ること

 なんとかして、ロンドンへ行く道を、一円(1€?または£)でも稼ぐ道を考えなければ。ここにいたら、なんにも、かわらない。

がまんしてちゃ、腐って死んでしまう。その前に18キロ痩せなければ・・・。

 (数字増えてる?)