読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

ダンス洋楽『Rather Be』 / Clean Bandit Feat. Jess Glynne『ラザ・ビー』クリーン・バンディット(feat.ジェス・グリン)

 UK出身のクラシックをベースにしたエレクトロ・ユニット「クリーン・バンディット」の『ラザ・ビー6月のデビュー・アルバム『ニュー・アイズ』にも収録。

Clean Bandit / クリーン・バンディット「New Eyes / ニュー・アイズ」 こちらはアルバム『ニュー・アイズ』の表紙。

 この曲、なんといってもメロディーが「親しみやすい」。2014年2月の段階でUKシングルチャート4週連続1位だったこの曲。基本「好き・好き・大好き。あなたといられれば、他の場所なんてない。世界のどこだってそこが一番」というどこまでもまっすぐな女の子の気持ち。明るいのに押さえた、少しの哀愁さえ感じさせる曲調は、私のダンス魂にぴたりとハマる。幸せいっぱいの歌詞なのに、あまりに真っすぐすぎて泣きそうになる。

 PV,主演の女の子を努めているのは日本出身、ロンドン在住のアベハルカさんという女優さん。撮影は2013年夏だったそうで、東京の築地や渋谷、居酒屋と、おなじみの風景が続く。

 ああ、あれが東京だな。あれが下町だな。あれが日本だったな――。そんなふうに思いながら『ヨーロッパの人間が見たジャパン』なるものを感じさせるPV。

 原付で走る若い主人公の女性。築地で魚を買う、串焼き屋で働いているとお客が踊りだす――マグロを切ったら中から鮮やかな何かのマークが。新橋駅、山手線、ラストは父親役は実はクリーン・バンテットのヒト。このぶっちゃけ不思議感一杯のストーリーだけど、何だか見入ってしまう(笑)こちらは日本語字幕版。


Clean Bandit(クリーン・バンディット) - Rather Be(ラザー・ビー) [日本語字幕付きVer.] - YouTube

 

 

 クリーン・バンディット:Videos | Clean Bandit

 ケンブリッジ大学で出会ったジャック、グレイス、ニールの3人に、ジャックの弟であるルークが加わり、2009年に結成。クラシックとベース・ミュージックを融合させた音楽を演奏するグループ。シンプルな曲調の繰り返しが妙に中毒っぽくなるかも。


Clean Bandit: A&E (Channel 4's Random Acts) - YouTube

注)歌詞は2016年10月14日に日本著作権協会の申し立てにより削除致しました。外国の歌なのに、日本著作権委員会が絡んでくるんですね。ブログ閉鎖されるよりは命令に従うしかないんですね。よくわかりません。