Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

ダンス洋楽: janet jackson - if

  言わずと知れたジャネット・ジャクソン「IF」です。1993年7月アルバムのセカンドシングルで発売。この曲は私にとって個人的思い入れが。いったんジャズを中断して、モダンなどにしばらく浮気していたのち、2001年5月に再びジャズチームで再開した時の最初の曲でした。先生もゴールデンウイークにNYのBDCに行ってきたちょうど帰りで。その後2年間、この「IF」の振り付けは、何度となくステージで踊った思い出の曲なんです。まだビヨンセなんてグループで歌ってた全然目立たぬ存在でした。当時は女性ダンサーは「ジャネット派」か「マドンナ派」のどちらかに分かれる傾向が強かったですね。

 いきなり今頃になって、なぜ思い出したかというと何故か今の教師がクラスの途中でこの曲のリミックス版を最近使っているから。おおっ、とビックリしてしまった。

 こちらが一応公式のPVみたいです。チャイナ風のステージで、すっごくアジアンなテイストがいっぱいの不思議なムード。でもそれほど90年代の古臭さを感じさせないでしょう?男女ペアでのコーラス部はほんと、カッコいいですね。

Janet Jackson - If - YouTube

 ライブ映像は沢山ありますが、最も神がかっている――というか最高期のジャネット「IF」を選べと言われたら、こちらかな~。LIVE DVD『The Velvet Rope Tour live in concert』のものですね。2000年代に入ってからの、all for you ツアービデオもまた違った魅力で、きらきらしてて、素敵だけどね。

janet jackson - if (live) - YouTube

こっちも全員ジーンズでのアンサンブルがぞくぞくするほどカッコいい!これぞジャネットって感じ。ちなみに2曲目なので2分過ぎぐらいからIF始まります。

注)歌詞、動画とも、2016年著作権協会の申し立てにより削除致しました。