Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

シャーリー・エブド事件 現場パリより(5)マルシェ・レピュブリックから戻りました 団結するフランス

連続テロ事件をうけて、11日、テロに屈しない決意を示す大規模な行進がフランス各地で行われた。仏新聞によると200万人以上が参加しているという。イスラム過激主義を背景に、「表現の自由」を踏みにじり、17人の命を奪った事件に団結して抗議を表明。オランド仏大統領、独メルケル、英キャメロンなど欧州首脳のほか、パレスチナ、イスラエルなどのトップが参加した。

Des centaines de milliers de manifestants se sont rassemblés autour de la statue de la place de la République pour rendre hommage aux 17 victimes des attentats de Paris et dénoncer le terrorisme.La foule immense et compacte scande, sans discontinuer, le symbole du rassemblement : «Liberté !».Deux immenses symboles de ce rassemblement extraordinaire, la statue de la République et le drapeau de la France.

オランド仏大統領、閣僚たちに「Paris est aujourd'hui la capitale du monde」「パリはきょう世界の首都だ」(AFP通信)。フランス(人)は、自分たちが注目されている状況、結構フツーに好きなんだ。

・フランステレビの中継。各局、朝からキャスターは喪服で追悼の意。


EN DIRECT : l'info internationale en continu par FRANCE 24 - YouTube

・BBCの中継は英語で聞きやすい。ロンドンではトラファルガー広場で同じように抗議デモが繰り広げられたと言っていた。

France attacks: Paris rally - BBC News

*************************************

まだ帰ったばかりでうまく言葉に出来ない。フランス人はまるで日課でもこなすみたいに「フツー」の様相で歩いていた。プラカードや紙や鉛筆を高く掲げてレピュブリック広場を目指す行進の波に私も参加した。列はなかなか進まない。時々大きな拍手や、歓声や、歌、ウエーブが持ち上がる。『リベルテ、リベルテ、リベルテ(自由)』、あるいは『シャーリー、シャーリー』の合唱。

 行きはパリ北駅から歩いた。正面口についたとき、午後の太陽の光が頭上に輝く中を、雲が出て、お天気雨がぱらぱらと降ってきた。誰の涙か。天が微笑みながら泣いていた。

帰りは東駅から。メトロに乗ったときはもう17時を過ぎ、寒さと腰の痛みでへとへとだった。何も考えられなかった。これみんな、シトワイヤン、シトワイエンヌ(市民)なんだよな。。。フランス革命の血を引くーー共和国の。とよしなしごとが頭に浮かんでは消えた。とにかく疲れきっていた。

 普段は個人主義の国なのに、いざ団結するとなると、みんな当たり前みたいに力を合わせる。そのエネルギーが凄まじい。

Des centaines de milliers de personnes, toutes générations confondues, se sont retrouvées ce dimanche à Paris pour dénoncer ces attaques terroristes qui ont fait 17 victimes.こんな感じDe nombreux participants lèvent au ciel le fameux «Je suis Charlie», symbole du rassemblement et de la lutte contre l'extrémisme et le terrorisme.

A Paris, le 11 janvier.

昨夜のパリ市庁舎(2015年1月10日)パリはシャーリー、我々はシャーリー、の黒い垂れ幕。