読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

パリで歯医者さん 2度目の抜歯 

先週、ストレスからかぽろっと左の奥歯が抜け落ちた。

「ああ、半年前の右奥と同じ状況・・・」

 そのときは初診予約に1ヶ月、レントゲンをとって、さらに抜歯本番は1ヶ月後という2ヶ月フルコースだったので、まさか今回、同じ歯医者さんに事情を話して本日夕方に時間確保しました、と言われたときも、まあ今日その場で抜くか抜かないかは半信半疑だった。

 2,3ヶ月待ちがフツーであるパリで、こんな奇跡的なことはない。私はさっさと夕方に歯科に赴き、<先生>「はい、悔いなしですね」(つまり抜く)とその場で抜歯準備。麻酔をささっと打って、効いてくるのを待ちましょう、といわれ、確かに何も感じなくなってきた頃、「はいじゃあまずは半分に切りますから」と。ほとんど何をされているか麻痺して分からないまま、あっという間に縫合している気配が。

<先生>「はい終わりました、やはり悔いなしですね。もう下は虫歯でぼろぼろでした」ほんとに早かった・・・キャビンを出てきたのは腕時計を見たら20分後。は、早い・・・本当に神業だと思った。

 会計の助手さんも感じがよく、4種類もの薬をたっぷり出され、最後に先生が挨拶に出てきてくれて「薬がんがん飲んで、痛みますから」と笑顔でお見送りされ。

今週のお題「今だから言えること」

 ここだけの話、無一文となり薬代も払えない私はその処方箋を活用することなく寮へ直帰。日本から持ってきた大昔に歯医者でもらった痛み止めの薬を飲んでよしとなだめる。ってか薬って一応賞味期限みたいなものありますよねぇ・・・。プラシーボ効果に期待。痛まない、痛まない、薬が効いてる、効いてる。。。。笑

 パリの歯医者さん探しについては個人ブログ含め、いろいろ情報を集めたけれど、私が参照した中で皆さんにご紹介可能なリンクはこちら。


痛いときこそ日本語で Dentiste Dr.TANIMURA | パリ発フランス情報ハヤクー::hayakoo

やはり外国にいる邦人という立場なので、自分の体験や情報は出来る限り公開して、誰か緊急のとき、困ったとき、たどり着いてくれればよいな、と思います。

 こちら私がお世話になった先生。パリの医者はどこでもそうですが、豪奢なアパートの一室(日本式3階)にあります。中は近代的設備が整い、清潔で、日本でのかかりつけ医よりも立派だった。腕のよさ、仕事の素早さ、明朗会計、どれをとってもオススメできると思いましたので。

Dr. TANIMURA REMY
8 pl du General Catroux 75017 Paris
TEL : 01 56 33 39 00(予約)
メトロ : 3番線 Malesherbes
診察時間 : 9:00~18:00頃 休診日 : 土、日、祝

 こんな瀟洒な通りの左側にあります。最初は場所が分からず見過ごしてしまいました。リビア大使館を過ぎたあたりです。