Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

ブランケット・ド・ヴォー Blanquette de veau クリーム煮込みの代表格

 フランスで生クリームを使った伝統料理の代表格といえば、真っ先に『ブランケット・ド・ヴォー』でしょう。先日赤ワイン煮込みの「ブフ・ブルギニョン」をご紹介しましたが、あれが右腕ならこちらは左腕。このレシピの紹介なくしてはまさに文字通り「片手落ち」というぐらい双璧をなす一品です。若い人から年配の方まで、男女問わず。また初めてのお招きだったり、相手のお口の好みが分からないといった場合「絶対はずさないおもてなし料理」決定版、みたいな有無を言わさぬ存在感があります。家庭的で誰もが好んで食べてくれるシンプル料理。

お肉を大きなかたまりに切り、にんじんとタマネギと一緒に、水から煮込んでスープを作ります。このスープに卵の黄身をいくつかと生クリームを加えてホワイトソース仕立てにするのです。言ってみればカレーライスのホワイトシチュー版、みたいな?? この料理は簡単に火を加えられて、一度に沢山作ることができるので、家庭ではもちろん、典型的ビストロのメニューととなっています。お店ではよく、蒸したジャガイモや、お米やパスタとともに盛り付けられます。満足度いっぱいの一品。コストパフォーマンス文句なし!

こちらのレシピみたいに、マッシュルームを入れると本当にクリームシチューをご飯に添えた「クリームライス」的で、また違った趣きですね。

Blanquette de veau à l'ancienne : la recette facile

Photo de Recette de Blanquette de veau à l'ancienne鍋だとほんとにホワイトシチュー・・・(笑)

★ホワイトシチューとパスタ(つまりスープパスタ)の取り合わせって結構ありますが、カレーの中にパスタって、あまり聞きませんよね。逆に、カレーとライスは誰が見ても反論しようのないセットだけれど、カレールーの中にパスタを入れた「カレースパ」みたいなレシピも、滅多にありませんし、自発的に作りたいという思いがわいてこない・・・んんっ??なんでだろ。この『シチューとカレー、ライスとレシピの不思議な定番関係』を科学的に分析できる人、説得力のある論拠はないものか。

 日本語でのレシピ動画をユーチューブで発見しました!!約10分。嫌味のない構成でオススメできる番組だなあと素直に思いましたよ。


フレンチの家庭料理を教えて!仔牛のブランケットの巻 - YouTube

★パリのビストロで味わうなら・・・ここで見つけました。

L’Ebauchoir【レボショワール】
45 rue de Citeaux 75012 Paris メトロ : 8番線 Faidherbe Chaligny
Tel : 01 43 42 49 31 営業時間 : 12時~14時30分、20時~23時  定休日 : 日曜日、月曜昼

 L'ébauchoir, resto bistro gourmand

 お店のイラスト動画もとってもかわいらしい。「プレス」のところにテレビTOKYOってあったので、番組で取材されたのかも知れませんね。ここの付け合せはライスではなくマッシュポテトみたいですよ。ボリュームもあり、子牛は見たからによく煮込まれてとろけそう!!それにしても本当に色んなレシピ、盛り付け方があるんですね。画像を見ているだけでほっこりシアワセなkotorioでした。冬の寒い日、是非パリジャンのお宅で味わってみたい一品ですよね。