読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

原始も今も、女性は太陽であった――フランスのバレンタインデー La Saint-Valentin

デパ地下のチョコレート売り場、女性がバーゲンさながら、本気丸出して押し合いへし合いする姿はほとんど日本の季語じゃありませんか。2月14日はバレンタインデー。フランス語ではLa Saint-Valentin、サンバランタンって発音します。衝撃の事実・・・女性から男性へ贈るのはしかも愛情告白の機会となっているのは、チョコレートと贈る品が限定されているのは、なんと日本だけであった!!!

 バンレンタインデーのチョコレート屋さんはがらがら。だって別にチョコなんか贈らないもの。フランスでは、男性が女性に何らかの贈り物をする日!恋人同士で一緒に食事をしたり(もちろん男性もちね。予約必須)薔薇の花束、香水、セクシー下着、カードを贈ったり。ほか欧州各国、米国でも同様のスタイルだと聞きます。イギリスはカードを送るんだよね。自分の名前を書かずに。この日一番忙しいのはチョコ屋さんじゃなく花屋さんのほうだった。

 原始も今も、女性は太陽であったーーそう、なされるがままでいいの。ホワイトデー?なにそれ?女性は奢られたら奢られっぱなしでいいの。女は偉いのよ。お返し?愛じゃ足りないって言うの!?・・・これがフランス。

 アジア(中国・韓国)は一応日本の影響を受けてチョコづいてるけど、この時期 春節祭(旧正月)の準備で忙しいしね。

 そもそも、バレンタインって、監督の名前ーーじゃなかった、司祭の名前じゃん。思いっきり宗教づいてるじゃん。起源は今から約1700年前のローマ時代。軍人皇帝クラウディウス2世は、兵士の士気が下がるという理由から、兵士の結婚を禁止したそうな。でもキリスト教司祭だった聖ヴァレンティヌスさんが、禁令に背いて兵士達の結婚式を執り行うのですね。ああ小説みたい。結果、彼は捕らえられ「結婚の女神ユノ」を祭る2月14日に処刑されちゃうのよね。あらら。以来、バレンティヌスさんは『恋人たちの守護聖人』と信仰され、この日が『バレンタインデー』になったらしい。

 

別に ピエール・エルメ ピエール・エルメ・パリ | PIERRE HERMÉ PARIS だの

ピエール・マルコリーニ ベルギーチョコレート | ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini) だの(こりゃベルギーだったか)

ジャン・ポール・エヴァン チョコレート(ショコラ) ジャン=ポール・エヴァン JEAN-PAUL HÉVIN JAPON だの

 

に、お金を落としに行かなくてもいいんですよ、女性の皆さん!!!なんてありがたいフランスの2・14!!一ヶ月前に「ジュ・スイ・シャーリー」とか言ってたあの同じ国とは思えない。「愛こそ全て」のこの国の、過去と現在と未来。はあ。

 文法的には「je t'aime. Joyeuse Saint Valentin !」とかカードに書くらしいです。まあ365日愛の国なんだから、別に今日が特別ってわけでもなさそーな街の様子。

特派員Kotorioがお伝えしました。 やれやれ。