Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

フランス最大イベント『国際農業見本市』 本日開幕―3月1日まで

国際農業見本市 2015

 2月下旬から3月初旬にかけて毎年パリで行われるこのイベント、ほとんど季語と化しています!マスト!必見。DON'T MISS IT!!!52回目となる国際農業見本市、本日21日開幕しましたよ。毎年『ミス・牛』が全国から選ばれ、その年のポスターの顔となります。2015年はフランス(北部)産、ルージュ・フラマンド種のフィルーズさま、御年4歳とか。堂々たる牛っぷりがいいですね。私はスイスの子が気品があって好きなんですが、フランス産も、いなかっぺ風の雰囲気を醸し出していてお国柄を感じさせます。

 そう、フランスは誰もが知る『農業大国』なんですよね。モードと「つんけん」だけが自慢ではない。それをいろんな方面から体感できるこのイベント。毎年フランス中から多くの生産者が詰めかけ、またパリジャンのみならず、観光客にも人気なんです。テーマとしては「畜産/食品/農業/農業に関わる職業」の4つがあります。

 家族連れにも人気なのが、家畜や愛玩動物たち(牛、馬、ロバ、山羊、羊、ウサギ、豚、犬など合計4000頭以上)が一堂に会するパビリオン。このイベントの目玉といってもいいでしょう。晴れ舞台のためにフランス各地から運ばれてきた牛さんたちをひとめみようと、皆さん必死です。

 
 農産物。チーズ、フォアグラ、シャルキュトリー、ワインなどなどフランスと世界のおいしいものが集まるグルメ会場はマストです。ちょうど昼頃行けば、屋台的なお店が立ち並び、それこそ全国各地の味を一日にして味わえる、食通にはたまらないワールド。レストラン関係者や料理人も多く、また近年はオランド大統領の試食風景も毎年新聞に載っていますよね。(そして毎年彼は肥えている・・・明らかに。)

 サイトによると昨年の入場者数70万人超とか。見本市の中でも最大級のイベントです。チケットは会場で買えます。学割有り。

Du samedi 21 février au dimanche 1 mars 2015 de 9 heures à 19 heures tous les jours et jusqu’à 20h les mercredi et jeudi. Il n’y a plus de nocturne.

Tarifs
- Plein tarif : 13 €
- Enfants de 6 à 12 ans : 6 €
- Enfants de moins de 6 ans : gratuit
- Des vestiaires (3€ par objet déposé) sont à disposition des visiteurs dans les Pavillons 1 et 7.1
Métro 
Ligne 12 : station Porte de Versailles. Cette ligne dessert les gares Montparnasse et St Lazare.
Ligne 8 : station Balard. Cette ligne dessert le Terminal Invalides de l’aéroport d’Orly.
Tramway
Ligne T3 & ligne T2 : arrêt Porte de Versailles 

Concours Général Agricole des bovins - podium "Filouse" à l'affiche du Salon de l'agriculture - Paris.fr 


Salon International de l'Agriculture : du 21 février au 1 mars 2015 à Paris Expo Porte de Versailles