読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

フィナンシェじゃだめだったんですか、プルーストさん(2)

Gourmet Français Paris,France

Résultat de recherche d'images pour "フィナンシェ" さて昨日に引き続き、フィナンシェのお話です。フランス語では「金融家」という意味の焼き菓子。120年前、パリの証券取引所近くで店を構えた菓子職人が、背広を汚さずすばやく食べられるようにと考案したとの説があります。

 日本のデパ地下などでは比較的「アンリ・シャンパルティエ」のものが有名ではないでしょうか。私も神戸時代、よく手土産に買っていました。上品だし、目上の人に持っていくにも時や場所を選ばないので、選択肢が広いんですよね。チョコや抹茶、紅茶味などありますが、バターとアーモンドの香りがしっかりと感じられるスタンダードなものが私はこの商品の醍醐味だと思っていますが。

 さてさてパリで「もっとも美味しい」とされるフィナンシェがあります。え、誰が決めたのかって?もちろんフィガロ紙です。私が行き当たりバッタリにさわいでるわけでは決してなくて、ちゃんとパリで一番美味しいフィナンシェ一位(Les meilleurs financiers de Paris)の座を獲得しています。パリの3つ星レストラン「ギー・サヴォワ」でシェフ・パティシエを務めたユーゴ・プジェ氏が7区、ボンマルシェの近くに構えたお店。

 ちなみにスペシャリテはミルフィーユ。

 なるほど~、中はバターバターしてます。とにかくしっとり系のフィナンシェですね。私はもう少し形が感じられるほうが個人的好みだった気も・・・(どちらかというとぱさぱさに近い感じ)まあこの贅沢なとろけ具合はさすがにさすがに誰も真似できない、芸術の域ですわ。有無を言わさず何かキャッチフレーズを考えたくなるぐらい。黄金のきつね色・・・とか、ううん、借りてきたみたいにありきたりだなあ。

この人じゃなくてこっち

 

『Hugo et Victor』 7 rue Gomboust 75001 40, bd Raspail, VIIeなど数店舗

Gourmandises-Petitdéjeuner-Financier nature-E-boutique 

やたらモダンな店内にとろけるフィナンシェ。

なんと~!国家秘伝の(笑)ユーゴー・ビクトルのレシピがフランスフリーペーパー『20minut』サイトで動画紹介されているではありませんか!!


Recette du financier Jorge Amado de Hugo & Victor - YouTube

 ちなみにアーモンドの香りが強いのが『GÉRARD MULOT(ジェラール・ミロ)』と色々なところで耳にします。私は食べたのことがないので分かりませんが。好きな人と嫌いな人がいるみたいです。もし一つだけ食べ比べるんだとしたらこのお店かな。私はわりと好みかも。 Gérard Mulot

http://img.over-blog.com/423x258/6/10/03/65/Album-photos/Photos/Financier.jpg 

 シリーズ、まだまだ続きます!乞うご期待!