Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

3月19日 世界一斉!フランスの美食文化を祝うイベント「グード・フランス」

フランスを代表する名シェフ、アラン・デュカス氏 「グード・フランス」3月19日(木)世界同時開催 フランスを代表する名シェフ、アラン・デュカスさんとフランス外務・国際開発省の呼びかけで、フランス美食文化を祝うイベント「グード・フランス」が実現することとなりました。世界各地のレストランで3月19日(木)に同時開催。

  

Goût(good) de France グード・フランス」とは、フランス料理の祖・オーギュスト・エスコフィエさんという人が1912年に発案した、「エピクロスの晩餐会」(同じメニューを同日世界各地で楽しむ行事)からヒントを得た「Goût de France (フランスの味、味覚)」と「Good France(よい、上質なフランス)」の語呂あわせ。

 外務省のサイトによると第一回目の今年、世界中で1300軒以上のレストランが参加する予定だそうです。ポール・ボキューズ(フランス)、レイモン・ブラン(イギリス)、トーマス・ケラー(アメリカ)、三國清三(日本)、ポール・ペレ(中国)、ジョエル・ロブション(フランス)、ナディア・サンティー ニ(イタリア)、ギ・サヴォワ(フランス)など。自国料理の伝統や文化を自由にアレンジしつつ、現代的なフランス料理をクリエイトします。

 レストランのほか、フランス大使公邸では晩餐会が催されます。ローラン・ファビウス大臣は「フランスの美食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを物語るイベント」であると述べました。アラン・デュカス氏は「フランスの観光国としての魅力を向上させる一つの手段」だと語っています。

 日本から参加の61レストランは、フランス大使館のサイトで日本語で一覧を見ることが出来ます。是非気になるレストランをチェックしてみて下さい。し損なったホワイトデーのお返しにもきっと間に合いますよ!! 

www.youtube.com

 ビストロから高級レストランまで。様々な国、地域のレストランがディナーを共有する初の試み。フランスの食文化に対する価値観を感じさせられる一日となるでしょう。私もパリから、参加する61の日本シェフの皆さんを応援していますーー時差がありますが。

 ちなみに当サイトの「アントレ・ラポワール エ・ルフロマージュ」は、フルコースの「デザートとチーズが出てくるまでの間」=転じて「(空腹も満たされ)心地よく、話が弾んできた頃合に/リラックスして」というフランス語の言い回しからです。

日本の参加レストラン一覧  | 日本 - フランス観光開発機構オフィシャルサイト

仏語公式サイト Goût de France - Good France | Site Officiel du Tourisme en France