読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

「パリ栗」第3弾!マロングラッセ発祥の老舗「BOISSIER ボワシエ」

Boulangerie,Pâtisserie Gourmet Français Paris,France

f:id:kotorio:20161226060539p:plain

パリ高級住宅街16区のその名もヴィクトル・ユゴー通りAvenue Victor Hugoの超有名店「Boissierボワシエ」さん。1827年初代ペリセール・ボワシエ氏が創業した老舗です。 パリジャン曰くマロングラッセなら「ボワシエ」でしょ!と即答されるほどの絶対的王者。なぜならば、マロングラッセはこのお店が発祥といわれているんですね。

フランス語で栗は「châtaignierシャテーニュ」といいます。サイトによると、ボワシエさんではトリノ産の高級大粒マロンのみを選び抜き、さらにその後、12の細かい工程を経てつくられる、まさに職人芸。 特筆すべきは、洋酒を使っていないために栗本来の味を保ちホクホク〜な食感が楽しめること。

f:id:kotorio:20161226061305p:plain コーヒーやティーと合わせながら贅沢なひとときのお供に。濃いめの玉露など、日本茶との相性も良さそう! 

他にもいろんなバリエーションがあり、目玉商品の「ナチュラル」の他にも、もちろんコニャックやラム酒を使ったものや、チョコレートコーティングしたものまであるんです。

歴史ある名店の味、ぜひ年末年始のご家族の集まりに。以前は日本でも大丸に店舗があったのですが、いつの間にか撤退してしまったようです。

f:id:kotorio:20161226063341p:plainf:id:kotorio:20161226065059p:plain

パリ店は、入り口すぐがブティックになっておりチョコ、ケーキ、コンフィズリーなどが可愛らしいパッケージで上品にディスプレイされています。奥がサロン・ド・テになっていて、同店オリジナル紅茶が楽しめます。16区らしい洗練されたインテリアの中で優雅な気分に浸りたい時の隠れ家。

モチーフであるターコイズブルーのボックスやショッピングバッグも素敵。

f:id:kotorio:20161226060832p:plainMaison Boissier - Maison fondée en 1827 - Paris

184 Avenue Victor Hugo 75116 Paris メトロ : 9番線 Rue de la Pompe

Tel : 01 45 03 50 77 営業時間10:00~19 :00  日曜定休

以上、3夜連続でお届けした「パリ栗」シリーズは終了です。年明け、豪華特別企画が登場します!お楽しみに。

kotorio.hatenablog.com

kotorio.hatenablog.com

《今日のひとこと》マロングラッセって、要するに栗きんとんの西洋版ですよね。毎年秋には岐阜の「川上屋」vs「すや」さんで迷うところですが、個人的には後者が連勝気味。秋の夜長と読書のお供に。栗きんとん本家[すや] ウイスキーに合うんですよ、これが!目上の方への贈り物にもexcellent !