読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 パリのよしなしごとを徒然なるままに

パリの兆候・チョコフォンデュ専門店

Boulangerie,Pâtisserie Gourmet Français Paris,France

バレンタインまであと僅か!フランスのSaint Valentin(サン・ヴァランタン)は、女性が主役。またの名を「恋人たちの祝祭」カップルでディナーを楽しむ一日です。

愛のシンボル、赤いバラを男性から女性へ贈ります。赤いランジェリーや香水も定番。一ヶ月後にお返しなんてありえない。原始も今もフランス女性は太陽なのね〜。

ロマンティックと縁のないエトランジェはこの日どこへ向かったらいいのでせう。そんなわけで、パリで話題のチョコフォンデュのお店を下見して参りました。

17世紀パリ、サンルイ島にプロヴァンス料理レストランとして人気を博したAux Anysetiers du Roy(オー・ザニスティエール・デュ・ロワ)。

むかしむかし、食事後に、おみやげとして素焼きポット入りのハーブをプレゼントしていたのがチョコフォンデュ のはじまり。2009年、改めてサンジェルマン通りにチョコフォンデュの専門店をオープン。

f:id:kotorio:20170102050825p:plain

可愛い素焼きポットに入ったチョコレートフォンデュ、フタを外してそのまま電子レンジか、あるいは湯煎でゆっくり溶かせば、香り高いカカオの香りにうっとり。

ミルクのクリーミーなコクと甘さは、お子様から大人まで楽しめます。コスタリカ産カカオを使用、フルーツやバゲットとの相性も抜群。

シナモンパウダーやブランデーで香りづけするとまた違った味わいに。

f:id:kotorio:20170102051748p:plain f:id:kotorio:20170102052643p:plain

ダーク・ミルク・ホワイトの3種類のチョコをベースに様々なアロマと組み合わせ様々な種類があります。塩キャラメル・バニラ・フランボワーズ・プラリネ、ココナツ、冬季限定のお味も!

チョコフォンデュと相性がいい具材としてはイチゴ・マスカット・オレンジなどのフルーツ、無花果・アプリコットなどドライ果実。もちろんビスケットやパンケーキ、マシュマロも定番ですね。

まだまだ寒さの続く日々、仲間との週末チョコフォンデュパーティーも楽しそう♫

f:id:kotorio:20170102051011p:plain General Information - Aux Anysetiers du Roy - Les Fondues au Chocolat

 45bd St Germain 75005 Paris 01 43 25 06 81 10:30~19:30 月14:00~日11:00~無休

《今日のひとこと》フォンデュは余ったら冷凍保存できるのだろうか?食べたい時にチョコっとおひとりさま分、解凍できたら便利。